上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.30 初日の続き~
さて曼殊院は名刹ということもあり団体の観光客も沢山。
庫裡、虎の間、大書院、小書院が重要文化財の指定を受けている。
PB250025.jpg PB250026.jpg PB250032.jpg
PB250033.jpg PB250036.jpg





さて、曼殊院を後にして次に訪れたのは圓光寺。
ここの住職は織田○道さん。
PB250039.jpg
水琴窟の上におかれた寒椿が映えます。

PB250037.jpg
襖絵「四季草花図」。

PB250040.jpg PB250041.jpg PB250043.jpg





この日最後に巡ったのは詩仙堂。
PB250046.jpg PB250047.jpg
門を入り、竹林が続きます。
こちらは徳川家家臣、石川丈山が造った山荘。
趣のあるお庭、ししおどしの音が響きます~♪
PB250049.jpg PB250051.jpg PB250053.jpg
PB250055.jpg PB250056.jpg

で、どのくらいこの場所が人気があるか分かる画像をペッタン。
PB250048.jpg
写真を撮るのも譲り合いざますー。

門前にある風情のあるお土産やさん。
PB250057.jpg
夫のお土産にお団子を購入。

初日の紅葉狩りはこれにて終了。
日没が早くて、これ以上は回れませんでしたー☆

















スポンサーサイト
友人が京都にやってきました。
今年は紅葉の美しい季節ということで、紅葉狩りへ♪

待ち合わせは大丸京都店正面玄関。
お昼は予てより行きたいと願っていた「じき 宮ざわ」へ。
以前、予約を入れようとしたら満席で入れなかった所。
今回は気合を入れ直して2ヶ月前に予約!(本当)

PB250012.jpg PB250013.jpg

ここでは「白米を3杯召し上がれ」と勧められるので果敢にトライ!
画像は食べた順番。
PB250003_01.jpg PB250004_01.jpg PB250005_01.jpg
PB250006.jpg PB250007.jpg PB250008.jpg
PB250009.jpg PB250010.jpg PB250011.jpg

最後のお抹茶は板さんが目の前で、点ててくださいます。
お昼のコースは3種類。
真ん中のコースを頂きましたが、一番少ない量のコースで十分かと。

満腹のお腹を抱えて、いざ紅葉エリアへ。
初日は叡山電鉄に乗って京都北部、修学院エリアを攻めることに。
初、叡山電車~♪
PB250014.jpg
電車を下りたら鷲森神社方面へ。
友人のポータブルナビゲーションに目的地を入力!
PB250016.jpg
うまく連れて行ってくれるか?と思いきや、最初の信号で頓挫!(爆)
結局アナログな地図を頼りに最初の目的地、鷲森神社へ。
PB250018.jpg PB250020.jpg
ここは穴場スポットのためか観光客が皆無。
次の曼殊院への小道は静寂な空気。
PB250021.jpg
よかよか~♪と思いながら小道を抜け、振り返ってパチリ。
PB250022.jpg
この森の先に、あの静寂な小道があるなんて想像できまへんなー。

さて曼殊院からのレポはまた後でー☆






 








先ほど義姉様より電話あり。
末の息子が大学に受かったとのこと。
名も無い私立大学のタンガン推薦だとこんな時期なんですね~(驚)
兄の長女も同学年ですが、まだまだこれから。
我が家の家系なのか呑気すぎて、教師から
「そんな呑気な顔をしてたら、どこも受からない」
と、釘を刺された模様。
本人は刺された釘にも気づかず?毎日昼寝ならぬ夕寝を楽しんでいる模様。

センター試験に向けてガンバッテくれよぅ@おばちゃん
2009.11.27 身体が痛い
いろんな意味で身体が痛い(情けなや~)
まずは友人と二日間、京都散策で歩き回って足が痛い。
そして昨夜は別れの晩餐と称して飲みすぎて痛い。(きっと肝臓が)
年を取ったなぁ~と思った事件が・・
その店を出てから転んだ!!(呆)
友人に助け起こされた酒飲み@私。
その時は~
「尻餅をついた程度」
と思ってたー。
でも今朝、身体中が痛い(涙)
友よ、情けない私を許してこれからも遊んでください(懇願)-☆

追伸:紅葉狩りの画像は明日以降UP致します。ちょっと体力&文章能力の限界(笑)
2009.11.26 紅葉狩り
東京から友人が上京(本来なら、京に上るってことで正しい?)しました♪
アテンドしながら、京都のあっちこっちへ~。
まだまだ文章が追いつきませんが、ふと気づいたお庭での一枚。
PB250044.jpg
赤い実がうつくしぃ~☆

紅葉狩りの画像は、また後日。
2009.11.25 印獣
「ねずみの三銃士」第二回公演。
副題が<ああ言えば女優、こう言えば大女優>という舞台。
作:宮藤官九郎
演出:河原雅彦

この組み合わせで「ねずみ~」の三人(古田新、生瀬勝久、池田成志)の舞台とくれば・・
とんでもない事が起こると覚悟して拝見!(笑)
主役ゲストには大御所の三田佳子さん。
副題の通りの大女優っぷりを拝見しました。
そして三田さん、よくこの舞台を引き受けたなぁ~と感心することしきり。
大女優様に「そこまでやらせる?!」という演出。
彼女も女優としてやったことのない演技を要求されたんだろうなぁ~
と想像してしまいましたよ。

この舞台には執筆家の刹那的な生き方を感じました。
宮藤さんがいつも抱えている感情を生瀬さんに言わせていたような気が・・
作家って長生きしなさそうって思っちゃいましたー☆

PB250001_01.jpg

週末にウォークラリーに参加。(無謀にも10kmコース)
途中の植物園にて苗を頂く。
ビオラとイタリアンキャロット。
植え替えてみました。
PB240003.jpg
ビオラは楽しむだけだと思いますが~
イタリアンキャロットは一度ぐらい食せるかしら??(希望)
2009.11.23 蛮幽鬼
劇団☆新感線2009秋興行。
毎度の事ながら激しいチャンバラの連続。
今回も主役ゲストは豪華♪
上川隆也さん、堺雅人さん、早乙女太一さん、稲森いずみさん等々。
原作はモンテクリスト伯。(邦題は岩窟王か?)
脚本家は考えた。
「ファリア神父(本来は高潔な人物)をレクター博士(羊達の沈黙の)に置き換えたら?」
そして今回の舞台が出来上がった。
こんな殺し屋が居たら超恐い!っていう人物が登場。
誰が演じたかはネタバレになるので書きませんが・・
思いがけない俳優さんが演じたとだけ書いておきます。
私的に好きな舞台でございましたー☆

PB090029.jpg PB090031.jpg

観劇後、友は故郷への帰路に。
列車の時間まで茶店にて時間を潰す。
私には珍しくパフェなんぞを食す。
PB150020.jpg
紫芋を使ったモンブラン風。

次はいつ会えるかなぁ~。。。


晩餐は何食べたい?とリクエストを募ったら~
フレンチで宜しく、とのことだったのでリーズナブルで美味しいお店へ。
ビストロ・ド・ヨシモトへ参りました♪
PB140019.jpg

ここからは食べた順番の画像のオンパレード!
話が弾み、ワインはもちろん赤白1本ずつ空けちゃいましたー(笑)
PB140014.jpg PB140015.jpg PB140016.jpg
PB140017.jpg PB140018.jpg

初日はこれにてお開き。
二日目は一緒に観劇(本当はこれがメイン)、そのお話はまた明日ー☆


2009.11.21 再びの来阪♪
さて、心友が故郷から再び来阪♪
当初の予定通りリクエストの場所&食事に応えることに。
初日のお昼は「お好み」と話がまとまり梅田地下街の某京焼きのお店へ。
PB140005.jpg PB140006.jpg
右:ねぎ焼きMIX(だったかな?)、左:モダン焼き(焼き蕎麦入りってことやね)

そして次は大阪観光の王道「大阪城」へ。
天守閣を目指して歩いていると~
妙な人だかりが!
「何?何??」
と覗き込むと、ソコには人懐っこい?イグアナ嬢がっ!!(笑)
PB140008.jpg PB140007.jpg
見世物の状態。(お金目当てではないので、散歩だった模様)
飼い主のオッチャン曰く
「抱き方を間違えなければ大丈夫♪」
で、勇気あるお嬢さんが抱っこにチャレンジ!!
PB140009.jpg
ブラボー!
ご本人はとーっても喜んでいましたよ♪

天守閣まで登って、大阪市内を見渡し~
PB140011.jpg

城内の3&4階は国宝、重文の陳列室となっていて~
日本史の教科書で見た「南蛮図屏風」とか「秀吉の陣羽織」とかを閲覧。
歴史好きの私は友人よりも興奮!(爆)
そして友人は・・
見知らぬ大阪のオッチャンに半分ナンパ?なような会話を強要されておりましたな(笑)
まぁオッチャン、悪気は無いねんけど、こっちは正直「嬉しないねん」ってところでしょうか?
(ようするに話しかけんといてってこと)

次のリクエストは新しく出来たIKEAへ。
我が車のカーナビには、まだ所在地が記憶されていない場所。
住所を適当に?入力して、いざ出陣。
お台場の埋立地の一番寂しい場所、のような大阪港の突端にありますねん(本当)。
友人はインテリアデザイナーの資格を保有しているため、楽しみな場所。
巨大な建物でしてん~。
PB140012.jpg
カップの中味はホットココアですのん~。
PB140013.jpg

インテリアに興味のある方には楽しい場所かと存じます。
そしてこの後はフレンチの晩餐へ♪
その模様はまた明日ー☆





夫との会話。
夫:「12月○日、泊まりで忘年会に行ってもいい?」
私:「行けば?何でいちいち確認するの?」
夫:「急に決まったから。」
私:「社内の忘年会なんでしょ?」
夫:「・・っていうか、金払いの悪い取引先にみんなで押しかけるって感じ。」
私:「じゃあ、みんなで集金に行くんだ?」
夫:「そんなキレイな表現じゃなく、取立て?に失敗したら飲食代で相殺ってこと。」
私:「あなたの会社って、そういう事業内容もあったの?!(笑)」

さてさて、夫の会社は無事「集金」に成功するのでしょうか??

Team NACS ソロ プロジェクト作品。
ちょっと気になる女優さんが出てらしたのでチケットを取った舞台。
脚本&出演は戸次重幸さん。
演出は福島三郎さん。
内容は・・
某旅客機に搭乗する場面から始まり~
最後は・・・・
「何でそうなるねん??」
という展開(笑)
歴史をも動かしてしまう内容で終わります(笑)
ナンセンスギャグ満載の作品。
気になる女優さん@加藤貴子さんは~
やっぱり秀逸で宇宙人の役をホンワカと演じてらして♪
不思議な展開の舞台でしたー☆

PB130001_01.jpg

劇場出口にてCA姿のスタッフが~
CAよろしく飴ちゃんを配っていたので貰いました♪
これこれ!!
PB130004.jpg


昨夜のこと。
寒がり犬が寝室に行ってから不機嫌な顔で戻ってきた。
「なんだろう?」
と寝室を覗いてみると・・
夫のシーツを洗って、まだシーツを敷いてなかったのだ。
敷布団だけが敷かれている状態だったわけ。
犬にしてみれば
「シーツが敷いてなくて寝れない!」
という文句だった模様。
それって正しいけどさ~
犬がそこまで文句言うってのも、どうよ??
2009.11.16 低農薬野菜
なるべく購入するようにしとります。
すると・・・
いろんな虫さんに遭遇する確立が高くなるわけで~(苦笑)
過日は蝶の幼虫(ようするにイモムシやね)とご対面。
そして本日はナメクジとお見合い(涙)
(どちら様も生きてたわ)
久しぶりにお目にかかったので塩かけてみました(残酷?)

画像は本文と関係なく、過日食べた梅入りうどんー☆
PB010113.jpg
2009.11.15 ナイルの死神
神戸に足を運んだ芝居は花組芝居がKABUKI-ISMと題した1回目の作品。
「ナイルの死神」です。
原作はアガサ・クリスティ。
映画ではナイル殺人事件として発表された有名な作品。
舞台用の戯曲としてもアガサは作品を残しており、この場合あのポアロは出てこない。
それを歌舞伎風?の作品としての上演。
ワクワクドキドキしながら拝見。
この作品が花組の手にかかると「こうなる?!」と、斬新さが目立ちました。
そしてこの劇団初の翻訳劇というのも新鮮でしたね。
セリフ回しが日本語と違うのでシェイクスピアっぽく感じました。
個人的には好きな作品。
賛否両論あると思いますが、これからも新しいチャレンジ大歓迎でございます♪

PB090027.jpg

全くの余談ですが・・
某女形様。
四十を過ぎた齢だというのに背中がバックリ開いたロングドレスを着用。
その背中があまりに美しくて、女として自分は終わってると感じてしまいましたー。
(最前列で拝見して確認しちゃいましたよ)
同年代のオッサンの方が美しい背中だなんて・・・(涙)

2009.11.14 駅弁
芝居を観るため新神戸駅へ。
毎度の事ながら新大阪~新神戸間を新幹線に乗ってしまう私。(一応、自由席)
夫に「信じられない!」を連発されながらも最短ルートなので使用。
京都~新大阪を新幹線の座席指定に乗ってしまう夫にだけは言われたくない!
分からない方のために・・
どちらの区間も30分もかからない短い区間ということ。
通常なら新幹線には乗らず在来線もしくは私鉄を使用するってことです。

で、話を駅弁に戻します。
芝居が終わり新神戸駅構内で売店を覗いたら数々の駅弁が♪
人気の一位と二位のお弁当を購入。
PB080023.jpg
左:一位のステーキ弁当、右:二位のひっぱりだこ

中味をご紹介♪
PB080024.jpg PB080025.jpg

わたしとしては、ひっぱりだこの方が好き~♪
そして新神戸の駅弁に予約をしないと買えないのがあると知り~
今月もう一度来る予定があるため予約してしまった!(笑)
お弁当にワインの小瓶が付いてくるらしい。
あはっ!想像しただけで顔がホコロブ@酒飲み

肝心のお芝居の内容はまた明日ー☆
明日の天気予報は雨。
午後遅くに雨が上がったら寒波が到来とか。
まだ温かい浪花では、コートを着ていない私。
明日は用意しないとアカンか・・
画像は毎日の散歩での紅葉をパチリ。
PB120001_01.jpg
落ち葉も増えてきましたねー☆
大阪に拠点を置く劇団のチケットを直接劇団に電話して予約。
申し込んだ日は~
「劇団員が電話に出て応対します」
という日だったので楽しみに電話する♪
某男優さんが出た!(喜)
スムーズにやり取りをして、
某男優:「何か分からない事やご要望はありますか?」
私:「ありません。次回も楽しみにしております♪」
某男優:「ありがとうございます!そりでは・・あ、それでは~」
噛んじゃった!!(爆)
電話の向こうで他の劇団員に爆笑されているのが分かりました。
本人は恥ずかしかったのでしょう、急いで・・
「それでは、入金を確認次第チケットを発送させて頂きます」

電話を切ってから何だか得した気分の私。
取った舞台はこれ。
PB120002_01.jpg
楽しみ、楽しみ☆
京都には花街が五つありますが~
祇園東を堪能した後は、別の一つ先斗町をそぞろ歩き。
夜がメインの街なので昼間はどのお店も「支度中」ですねん。
PB040021.jpg
路地をパチリ。

店先に並んだ京野菜が鮮やかで最初は「模造品?」と思って近づく。
おっとどっこい本物ですやんー♪
美味しそう~!
PB040020.jpg
こんなお店で「おばんざい」を食べてみたいわー。

そしてお昼を頂いたのは花見小路にあるお店。
PB040022.jpg
生麩や湯葉が美味しおす♪
気が付いたら此処は祇園甲部(花街の一つね)の場所や。
一日で花街を三箇所も歩いた日でしたー☆


2009.11.10 祇園をどり
今年も祇園をどりを拝見。
祇園東歌舞会が開催する踊りの会。
今年は知恩院にまつわる七不思議から題材を選び上演。
解りやすい清元、長唄連中で歌の内容が素人にも理解できました♪
PB040003.jpg PB040009.jpg PB040010.jpg
PB040014.jpg PB040015.jpg PB040019.jpg

今年も新人の舞妓さんが入って、祇園東花街も賑やかですー☆






2009.11.09 もう?!
マンションのロビーにクリスマスツリーが登場。
もう?!
早くね??
PB090028.jpg
2009.11.08 東大寺
正倉院展の後は同じ奈良公園内にある東大寺へ。
奈良公園といえば鹿でしょうってことで、いましたよー!(笑)
PB020119.jpg
鹿せんべい売店の横で「買った客」をチェックしている鹿達!(本当)
買った客の後を付いて歩くんだから!!

そして中学二年生以来の大仏殿を拝殿。
PB020123.jpg

大仏様の撮影OKってのは、ちょっとビックリ!
で、撮影してみたら~
PB020127.jpg
写っちゃいましたね・・
チャクラの辺りにオーブが。
さすが大仏様です。
私めったに共鳴しない体質なのですが写りこみました。

こういう観光地は修学旅行生が多いので、聞くともなしにガイドさんの説明が聞こえます。
ちょっと得した気分?!(笑)
懐かしさ満載の奈良でしたー☆
2009.11.07 正倉院展
奈良国立博物館で開催されている第六十一回正倉院展へ。
中学校の修学旅行以来の奈良公園♪
まずは博物館~。
PB020117.jpg PB020115.jpg
平日ということもあり、空いてました~♪
ポスターになった琵琶もそうですが、虫食いがあっても残っている織物。
トルコ石を嵌めこんだ碁盤や某皇后の真筆と云われる写経。
装飾に使われた様々な石の数々。
今ならベルトと表現される腰巻に施された装飾。
改めて天平文化がいかに高度であったかを感じさせられました。

明日は~
折角、奈良公園ですから大仏殿のことをご報告ー☆

夫が突然言い放った。
「次の犬はリッジバックがいい!」
どこぞで見て飼いたくなったらしい。
言うのは簡単。
誰が躾けるねん?
私やん??
何でもっと穏やかな犬種を選ばんかなー。
ロットで充分やん@ヤクザな犬種は
リッジバックのことをご存じない方のために簡単に説明。
<ライオン狩りに使用する猟犬で、原産地はアフリカ>
日本には動物園以外にライオンはおらんし~
いくら温暖化してきて暑いいうても、アフリカ並やないし。
ドッグトレーナーにメールした返事が明快やったので、ここに掲載。
「飼いたい犬と飼える犬は違います」


紅葉が進んできたように思います。
PA310001.jpg PA310003.jpg PA310002.jpg

ようやくヒーターの掃除をしました。
夫はまだ夏物の背広で出社中ー(いいのか?)。

2009.11.03 今度はパンク
なんだかな~。
パンクしちゃいましたよ(涙)。
PB030129.jpg
これはスペアタイヤ。
そしてタイヤ屋にて4本全てお取替えと相成りました。
最近、車でいい事が無いなぁ・・・
お祓いしないとダメかしら?
2009.11.02 組曲虐殺
凄いタイトルの芝居ですよね。
こまつ座&ホリプロ公演の三作目。
ってことは当然、脚本は井上ひさしさんの新作書き下ろしです。
今回は「蟹工船」で有名な小林多喜二の評劇伝を悲劇ではなく~
笑いと涙の音楽劇としての上演。
今の日本。
プロレタリア作家の多喜二が注目され共感を得ています。
恐らく現代社会が抱える問題が内包されているからかと。

私自身、多喜二の作品は学生時代に「読まされ」ました(苦笑)。
読まされた作品は、残念ながら何も残ることはなく・・
単純に「左派に極端に走ったため投獄され獄中死」した。
としか記憶にありませんでした。
今回の芝居で私が抱いていた曖昧な記憶ではイケナイと感じました。

この言論の自由が許される「今」を生きている喜び。
(もちろん、こんなブログを書けることも含めて)
だからこそ、あの時代に後戻りしないこと。
そして・・
FreedomとLibertyの「差」を正確に認識しなければいけないと思いました。
夫が買ってきたブツを見て思ったこと。
「パッと見ただけやったら飲みもんやな~」
実物はコレ、ね。
PA290004.jpg
乳製品っぽくね?

商品名はコレ。
PA290005.jpg
寝癖直しの詰め替えボトルでしたー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。