今月の大歌舞伎は秀山祭。
初代吉右衛門に因んだ演目が並びます。
昼の部を拝見しました。

最初の演目は舞踏で「月宴紅葉繍」。
梅玉さんと魁春さんのお二人が在原業平と小野小町に扮して踊ります。
紅葉の背景を背にしてお二人ともとても美しく、動くお雛様の様!

続いては初めて拝見する「沼津」。
生き別れた親子の悲しい対面を描くと共に、仇討ちに巻き込まれた庶民の悲劇と人情のお話。
主人公、十兵衛役の吉右衛門さんが爽やかで且つ哀愁が漂っている演技はもちろんステキですが・・・
このお芝居では悲しい運命を背負った父親役の歌六さんが光って見えました。

三幕目は「荒川の佐吉」。
股旅物で渡世人の佐吉を仁左衛門さんが演じます。
もうね~~~、
「こんなにカッコイイ渡世人がおるんかい?」
って突っ込みたくなる凛々しいお姿♪
股旅物ですから義理人情の内容で、自然に涙が溢れてきてしまうお話。
今回は福助さん演ずる女房お新の芝居に泣いてしまいました。
母が子を想う気持ちが胸を打ちます。

最後は舞踏で「萬歳」。
本来は新年を祝う踊り。
藤十郎さんが格調高く女形で踊られました。



九月も下旬になり、拝見した日は涼しい日。
お昼は温かい物が食べたいと、おでん定食を頼もうとしたら・・・
まだメニューが夏期で十月からと言われてしまった(涙)。
仕方なく、温かいなめこおろし蕎麦を予約。
P9240004.jpg

来月は絶対に、おでん定食食べてやるー☆
2010.09.29 道の駅にて
千葉県内の某道の駅にて驚いたこと。
産直野菜を売っていることで有名な所。
農産物売り場にて見つけたのは・・・・・
500mlのペットボトルに入って売られていた「めだか」。
まさかペットボトルに入れて生きためだかが売られているなんて!!
そして「農産物でいいのけ??」と、突っ込んでしまった私(笑)。
画像を撮るのは止めましたが、ちょっと驚いてしまいましたー☆

大型ホームセンターに行くと、買わなくてもいいものまで買ってしまう私。
帰宅し「本当に必要だったのか?」と問いかけたくなる品物をお披露目(笑)
P9180001.jpg
食べやすそうな気配なし。

P9180002.jpg
これはまだ開封してない。

P9180003.jpg
手を拭いた気がしない!(核爆)

作:サイモン・スティーヴンス
演出:長塚圭史

タイトルと主人公の名前が同じという舞台。
芝居が終わって、考えた。
「原作者は何を伝えたかったのだろう?」
翻訳劇の難しさを感じてしまったから。
帰宅し、パンフレットを読んだ。
作者曰く「結婚について本当のことを書きたかった。」
ほぉ~。。。
彼のテイストだと、ああいう味付けになるのか・・と思った。
彼自身の結婚生活からのインスピレーションなのだろうけど私的には、飛躍してると感じた。
ただ着眼点は興味をそそられて「次はどうなるんだろう?」と舞台進行を待った。

主人公の女性は、父が危篤になり上司に休暇を願い出たが受け入れてもらえなかった。
しかし父に会うために無断で飛び出してしまった。
物語はそこから進行する。
最初は伏せられている夫や娘や父や母との関係、それぞれを取り巻く社会との関係。
最後のシーンでは終わらないこの物語。
この舞台の先にあるであろう生活を観客が想像してゆく作り。

見終わった後に嫌な気持ちは無かったが、今一つシックリこない感じが残った。
結末の白黒をつけたがってはイケナイってことを私が学習しなければいけないんだろうな。

P9220001.jpg



2010.09.26 大入り袋
歌舞伎の芝居でも大入り袋が出ます。(役者&劇場関係者に)
私も実は中身が「いかほど」なのか知りませんでした。
なんと・・・
¥100-だそうな!!
縁起物ってことで、金額ではないってことですねー☆
2010.09.24 手習いの準備
またスペインタイルの手習いを再開することに。
先生と図案の相談を始める。
図書館に行って参考になりそうな本を物色。
P9060003.jpg
やりたい図案は沢山ある。
一つ一つ丁寧に仕上げたい。

さてと。。。。。
犬が死んでからぼぉ~っと過ごした潜伏期間はお終い。
2010.09.23 今年初サンマ
ようやく1匹¥100-以下になり、購入~♪
P9190009.jpg
今年は本当に高くて買えなかった。

昨日までの暑さがウソのような本日の気温。
今度こそ秋が来たんだよね??
はぁ~。。。。
残暑厳しすぎ!!
猛暑の影響か、はたまた浪花に赴任中放ったらかしにしたせいか・・・・
今年の茗荷の収穫は1個!!(涙)
P9200011.jpg
しかも花が咲いちゃった後だからスカスカなのよねー。
好物なだけに収穫を待ち望んでた・・・
来年に期待しようっと☆
ご覧になった方、いらっしゃる?
今月末に45巻、来月29日に46巻が発売。(まだまだ続くんだろうなぁ)
あたしゃ宣伝ポスターを見てたまげましたよ!!
あのマツコ・デラックスさんが月影先生に扮して写ってらっしゃる。
しかも何故だか似ている!(爆)
不思議だー。
姿形は、音楽劇で月影先生を演じた夏木マリさんの方が絶対に似てるんだろうけど~
月影先生の醸し出すオーラ?はマツコさんの方が出まくっているような気が・・する。
2010.09.20 イリアス
すべての物語の原点。
ギリシア最古の英雄叙事詩「イリアス」。
原作者はホメロス(世界史で習ったけど、記憶の彼方だわ)。
イリアスとはトロイアの詩を意味する。
紀元前13世紀ごろに起きたとされるトロイア戦争の物語。
トロイアの木馬は有名ですよね。
そして口承文学ということ。
日本で言うなら琵琶法師が語り継いできた平家物語という感覚だろうか?
語り伝えられてきた年月に驚きを感ぜざるおえない。

栗山民也氏の演出は私には理解しやすかった。
神々が決めた運命に対して人間がいかに生き、そして死んでゆくのか。
効果的な音楽も私的に空想の幅を広げられたように感じた。
5人のコロスが語る?(奏でる?)セリフによる描写&舞台進行。
カサンドラ(預言者)役の新妻聖子さんの透き通る歌声が予言の意味を心に凍み込ませる。
主人公の怒り、哀しみ、憎しみ、愛情を時には激しく、時には静かに表現してみせる内野聖陽さん。
とても心に残る舞台となりましたー☆

P9160002.jpg


余談ですが・・
私が拝見した日は主人公役の内野さんのお誕生日。
そして不倫スキャンダルが公になり、芸能レポーターが大挙して劇場に群がっていた日。
いろいろあるだろうけど、舞台はがんばって欲しいです。
(セリフがね、少し噛んでましてん@彼)

新しく座椅子を購入。
P9170003.jpg
座椅子は女王様が爪とぎとしても使用するので、布張りで格安のブツと決めている。
早速チェックが入ったが、お気に召さないと見えて知らん顔。
ま、それはそれで座椅子がボロボロにならなくていいんだけどねー。。。
2010.09.17 海苔~♪
実は海苔が好きだったりする♪
しかも普通の焼き海苔。
味付け海苔は買ってまで食べない・・・かな。
馴染みの海苔問屋で5帖ずつ購入。
P9170005.jpg
新しく買ってきた♪
えへへ、ちょっと幸せ☆
2010.09.15 2年分?!
掃除機のゴミパックを購入。
外国製のため、取り寄せるしかないブツ。
送料がかからない最小単位を購入したら、こんなに届いちまった!
P9150001.jpg
2年以上あるか??
義母様とお出かけ。
家電製品が欲しいけど一人じゃ決められないから一緒に行って、とおっしゃる。
大型電気店にて売り場のお兄さんを従えて複数の商品を購入。
義母様を家に送る車の中でお駄賃?を渡される。
臨時収入の入った嫁、今夜はお寿司の出前(もちろん特上)を取る予定♪
ささ、ビール冷やさにゃ~☆

2010.09.12 448M
スカイツリーのただ今の高さです。
P9060001.jpg
第一展望台が出来上がり、第二展望台に向けてニョキニョキ伸びております。
画像は言問橋の上で信号待ちの間にパチリ。
2010.09.11 めざマルシェ
某8チャンネル朝の番組ブロデユースの物産館。
ちょいと覗いてみることに。
1Fには、めざまし君の巨大オブジェが。
P8280005.jpg

期待して行っただけに拍子抜けの感アリ。
ビル全体を使用するならもっと展示方法があったのでは?と思ってしまいましたよ。
欲しかったブツは取り扱っていなかったこともあり、もう行かないと思います(涙)
2010.09.10 迷宮?で食事
行ってみたかったお店「Fantasy Dining 迷宮の国のアリス」へ行く。
お店のコンセプトがあのアリスですから・・・・
全てがカワイイんです!
エレベーターを降りてお店の入り口は迷宮の入り口。
何処から店内にはいるんだろう??っていう造り。
ワクワク感は盛り上がります~♪
ウエイトレスのコスチュームも某萌え~のお店のごとくブリブリに絵本の通り。
店内も不思議の空間。
そして出されたメニューがマジックボックスの如し。
P8280006.jpg
飛び出す絵本のような造りで手が込んでます。

コースを頼んじゃうと酒飲みの私は最後のデザートまで辿り着けないので、アラカルトに注文。
メニュータイトルもアリスにちなんどります。
友人がオーダーしたカクテル。
その名も「あわてんぼうの白兎」
P8280008.jpg
イチゴとサクランボでウサギの顔になってるの、分かる?

もう一つは「トカゲのビルのお仕事」
P8280010.jpg
このグラスは斜めに作られてて、トカゲに見立てた果物が登ってお仕事中ってわけ(笑)

パイ料理を頼んだら、こんなのが出た!
P8280009.jpg
チェシャ猫の顔になってますねん♪

このお店の系列は都内に何店舗もあり、七人の小人だったりバンパイアだったり、コンセプトを変えてレストランを展開中。
女子会にはピッタリのお店ですよん!
お食事ももちろん美味しかったので、一緒に行った友達と他のお店も攻略するつもりですー☆
今夏の検針票がポストに入っていました。
まずは2台のクーラーが稼動していた電気料金は・・
P9090001.jpg
思ったより安かったか??

そして余りにも暑くてお風呂を沸かさずシャワーで済ませた結果・・
P9090002.jpg
一人暮らしか?!っていうガス代が表示されとりましたがなー。
台風のお蔭で、雨が降りました。
そして最高気温がようやく30度以下。
クーラーはもちろん扇風機も使わない日って何ヶ月ぶりだろう??
涼しさを台風頼みってのも「どうなのよ?」と思ってしまいます。
虫の音も心持、優しく聞こえてきます☆
今夏の寺島村は7月29日以降、まとまった雨が降っておりません!
そしてこの猛暑続きです。
庭で何がおきているかと言うと・・
あの生命力の強いドクダミが枯れ始めているってこと!!
P9060002.jpg
ウソみたいな事実。
これじゃ~人間が夏バテするのも頷けるわなぁ。。。。。
2010.09.05 こんな所に♪
見つけてもうたがな!
P8270004.jpg
わての店(笑)、此処にあったんかいなー♪
雰囲気もピッタリやん☆

今日スーパーで購入したブツ。
帰宅して開けてみたら、こんなやった(涙)
P9040001.jpg
溶けてましてん~~~。
いい加減、涼しくなって欲しいー☆
「M&O plays プロデュース 伝統の現在’8」
という公演に行って参りました。
大蔵流狂言師の方達がチェーホフを扱うと聞き興味津々で赴く。
チェーホフの原作「結婚申込」を新作狂言では「ぷろぽうず」と銘打って上演。
チェーホフと狂言ってどうよ?!って思っていたら・・・
「合う!」っていうのが結論。
もちろん題材は限られますが、これを聟狂言、申し妻ものに仕立てて上演。
いや~笑わせて頂きました♪
全く違和感無く、狂言として拝見。
こういう芸術の融合も「アリ」なんだと思いました。

2幕目は古典から「鎌腹」を。
こちらは女狂言として有名ですね。
1幕と2幕を通して観ると、男女の出会いと破局&結婚の始まりと末路を見るような・・(苦笑)

P8270002.jpg





何気なく、原作者のHPを覗きに行った。
そうしたら。。。
大人になった主人公の現在の職業が判明。
彼、1980年生まれでただ今30歳らしい(笑)。
原作本には主人公が大人になって何の職業に就いたか書かれていない。
ってことは、あの魔法戦争?が起こったのは1997年ってこと??
ふ~ん・・・
その後の話は原作者は書かないって言ってるから想像逞しくしちゃおう!

ちなみにハリーは成りたかった職業に就きましたよー☆
はい、コレね。
P8270001_01.jpg
何も考えなければ紅茶よねー!
でも砂糖もミルクもスプーンも付いてこないの。
私もこういう形で出されたのは初めてでしたわー。
正解は「暖かいほうじ茶」です。
味はね・・・・ビミョウやったわ。