2010.11.29 超人気店へ
昨日の記事の続き。
夜の12時(24時とも言いますな)になり、予約を入れた店へ。
そのお店は新丸ビル7Fにあるクラブ。
女性限定でございます。
これだけの情報で、分かる方はもうお店の名前が分かりますよね?
そう、ココですねん~♪
PB200042.jpg

金曜日の夜、その人はココの雇われママになります。
今、旬のタレント?、ミッ○・マングローブさんのお店。
私、ワインを2本も空けてから行ったのでベロンベロンの状態。
彼(彼女?)が隣に座ってくれて、私に放った最初の言葉は
「この人、普通に喋れないの?」
全くもって、ただの酔っ払いでしてん~(恥)

とりあえず、最初に出てきたお菓子がステキ(笑)だったのでパチリ。
PB200044.jpg
声に出して読んではいけません!(笑)@淑女の方は

彼(彼女?)は各テーブルを回りご挨拶し、請われれば歌を披露。
歌はお上手でしたよ。
TVで見るとおり背がとても高い!。
翌日、予定があった私は友人よりも先にお暇。
ミッツママはちゃんと出口の外までお見送りしてくださいました。
でも酔ってて一緒に写真撮るのを忘れちゃったー(涙)

久しぶりに大酒飲んで楽しい夜を過ごしましたー♪
ご一緒してくれた友に感謝、感謝☆
先に断っておきますが、もちろん国産ではありません。
何を食したかと言うと雷鳥です。
お友達と新丸ビルにて待ち合わせ。
この日訪れたのは「萬鳥」という焼き鳥とワインのお店。
ビルのアトリウムはクリスマスデコレーションになってました。
PB190031.jpg

お店の外観。
PB190032.jpg

入り口の看板には、こんなことが書いてあるの!
PB190033.jpg PB190034.jpg
こんなこと書かれてたら、食べたくなるやん~?

メニューに載ってた「何がしかの肉のパテ」も注文してみた!
PB190035.jpg

やってきたのは、コレ。
PB190037.jpg
何だと思う??
答えは・・・・ウサギ。(美味でしたわよん~♪)

そして今日一番のブツ、雷鳥様。
PB190040.jpg
お、お、おいすぃぃぃーーー!!
有難く頂戴致しました。

このお店はワインの品揃えも豊富。
私、2本も開けてしまいましたの!!(あ、お友達も少し手伝ってくれました)
肉類以外のお料理も堪能~♪
ムール貝も本日のお勧めメニューで絶品でした。
PB190036.jpg

また、行きたくなるお店を見つけてしまいました♪
実はこの日のメインのお店は2軒目だったのです。
超人気店で、予約が夜の12時にしか入れることが出来なかったお店!!(驚)
どこに行ったかは、また明日ー☆
2010.11.27 取立てやお春
明治座十一月公演。
作&演出:マキノ ノゾミ
座長は黒木瞳さん。

原作者がこの舞台で表現したかったのは「ユーモア」だそうな。
「真面目で律儀な奴らが思い詰めたら危ない。世の中の危ないことは、大抵そういう奴らが始める。」
との思いがあり、この脚本を書いたらしい。
なんとなく、頷ける。
世の中の残虐な事件って、案外「超マジメでユーモアの無い人」が起こしてる・・・かも?

舞台の中では心中未遂?事件とかも起こっちゃうけど、どこかユーモラス。
なるほど、こういう感性が無いと深刻になるよなぁと思いました。
気楽に拝見できる舞台でした。
どなたにもお勧めできるお芝居ですー☆

PB180025.jpg
駅から劇場への銀杏の並木道@紅葉してます~♪


この日食べた幕の内弁当
PB180027.jpg


夫のへのお土産に買った、きんつば(会場で作ってる出来立て)
PB180028.jpg



2010.11.26 無意識に・・
小指が立っている自分を発見!
PB190029.jpg
うげっ!!
我ながらキモイ&上品じゃないなぅ~。。。
2010.11.25 カーディガン
作&演出:田村孝裕。

これってブラックコメディなんだと思う(謎笑)
上演中、笑う場面が多々。
でも冷静に考えて、主人公に自分を置き換えると・・・笑えない。
作者が言うには「生まれ変わり」がテーマだそうな。
舞台背景が病院というのも、ある意味生まれ変わる場所としては「あり」か?!
主人公を見ながら思ったのは
「普段、押し殺しているもう一人の自分が出てきたら、どうなるんだろう?」
きっと。。。。
今の状態でも変わり者の私は、手のつけようが無いくらい人から疎まれる存在だと思う。
この舞台の主人公は、いろんな意味でカーディガンが鍵なんだろうなぁ。

PB160022.jpg

2010.11.24 練習中やね
都内某所にて。
白バイの訓練中をコッソリ?覗く。
近づけない場所なので遠くからパチリ。
PB130016.jpg
やっぱ最初は下手なのねー。。。。。
2010.11.23 さてさて
昨日の続き。
耳の臭いヤツは前の犬と同じ種類。
そして♀。
ワケアッテ我が家は二度目の飼い主。
超怖い母ちゃんの所に来ちゃって、困惑中。。。(らしい)
ま、これからボチボチ我が家の犬になるってことですねんー☆

PB120013.jpg
名前は「菫」。どうぞ宜しゅう~♪
久しぶりにヨットハーバーへ行く。
天気が良くて風の無い日。
のんびりお散歩。
昨日の記事にて南房総へ行ったと書きました。
理由はコレね。
PB130015.jpg
耳の臭いコイツを引き取りにドッグトレーナーの所へ行っておりました。
また毛だらけの生活が始まりましたよー!

詳細はまた明日☆
所要のため南房総へ行く。
途中、オアシス富楽里にて休憩。
ここは一般道の「道の駅」とハイウェイオアシスが連結している珍しい場所。
初めて立ち寄ってみた。

PB070002.jpg
いきなり、お惣菜屋さんがあったりする♪
本当に美味しそう~~~!

そして房総らしく海産物も豊富。
水槽がいくつもあって、魚や貝が水槽の中で調理されるのを待ってます。
PB070003.jpg PB070004.jpg PB070005.jpg
左:海老、中:サザエ、右:鮑

保冷バッグを持参しないと楽しくない場所です。

そして、とうとう「メダカ」の販売画像を撮りました!(笑)


PB070006.jpg
やっぱ¥500-やね。

近距離撮影は~
PB070007.jpg
見えた??

千葉の道の駅では、メダカ販売はポピュラーってことが分かりました☆



2010.11.19 今日から公開
ハリポタ最終章の映画が今日から公開です!
最終章はパート1とパート2に分かれるので、ある程度原作通り描くのかなぁ期待しとります。
個人的にウィーズリー家の長男は出番無しで終わるのかと思ってましたが、さすがに最終章では登場するようです。
子役だった主役の3人がもう社会人&大学生。
月日の経つのは早いもの。
ハリー役のダニエル君に至っては、英国王室の王子様よりも個人資産を持っているそうな。。。
さてさて、いつ頃見に行こうかな~♪

PB190030.jpg
2010.11.18 花たち女たち
花組芝居の本公演。
大好きな劇団です。
今回は有吉佐和子原作の「芝桜」&「木瓜の花」を題材にしての上演。
正子と蔦代という対照的な個性の二人の女性の半生のお話。
過去には劇団新派で演じられたもの。
その時の主役二人は水谷八重子&波野九里子という豪華配役。
花組芝居では女形大会のような華やかさでした♪
舞台となったのは戦前の花街。
そこで雛妓(お酌)としてお座敷に出た二人がやがて時代に翻弄されそれぞれの道を歩む、というもの。
二人の性格は蔦代はちゃっかり者、正子は生真面目。
どちらも波乱万丈の生き様。
パンフに書いてあるとおり
「仲良しなのかライバルなのか」という間柄。
私自身は計算高い蔦代さんは友達に持ちたくないタイプ。
でも世の中の男性から見たら、生真面目すぎる正子の方が面倒くさいかも・・(笑)

今回はWキャストで「恋組み」「花組み」と二通りの組み合わせが楽しめる舞台。
もちろん、どちらも拝見しました♪
勝手に、「私だったらこの役は○○さん」などとプロデューサーの気分で配役してみたり。
DVDが発売になったら買ってしまいそうー☆

PB160021.jpg

小雨降る本日。
スカイツリーの近くで信号待ちの間にパチリ。
PB170024.jpg
第一展望台から上は雲の中。
ただ今、第二展望台の工事に取り掛かっている模様。
知らない間に、商店街にお店が増えてる!
地元は活気がでてきたのねー☆
朝の気温が10℃以下となりました。
11月になったなぁ~。。。と感じております。
こうなると夕飯の鍋率が高くなります。
キムチ鍋なんぞを作ってみました。
画像は、「これから火にかける」の図。
ガス台が汚れているのはお許しを~☆
PB030005.jpg

風邪が流行ってきたようです。
劇場でもマスク姿の方をお見受けするようになりました。
どちら様も、お風邪など召されませんように☆
マイペースで進んでいるスペインタイル。
ただ今の状況はこんな感じ。
PB080011.jpg
焦らず丁寧に仕上げております。
時間に追われることがない「塗り絵」って、無心になれていいですよ~♪
日清のe麺ショップにて興味本位で購入。
PB060022.jpg
ダンボールを開けると、こんな風に入ってた。

中身を並べてみた。
PB060023.jpg
ひよこちゃんのガラス製カップがかわいいぞ☆
フラリと入った近所の中華料理店。
中国人経営者が始めた店。
どれを注文してもハズレがない♪
そして美しい!と思った一品。
PA230005.jpg
椎茸と青梗菜の炒め物
お味も美味しかった♪
自分で作ろうと思っても、出来ない一品。

通ってしまいそうなお店が出来て嬉しい~☆
2010.11.12 大阪二日目
さて、二日目は二日酔い気味で起床。
「あたしってば、酔ってる??」
などと思いながらシャワーを浴び、仕度。
今日の予定はお世話になった獣医さんにご挨拶に伺うこと。
電車を乗り継ぎ、着いたのは大阪港駅。
昨日同様、まさかココに電車で来る日が来ようとは!!(犬連れだと絶対に車ですから~)
獣医さんは、この看板が目印。
PB050017.jpg

先生にお目にかかり、一つだけお願いをする。
杏を連れている時は、先生の愛犬に会うことが出来なかった。
今日は私単独ということもあり、「会いたい」とお願いする♪
PB050019.jpg
小麦ちゃん@甲斐犬、13歳
杏同様、カメラ嫌い(そこがまた魅力)

ご挨拶を済ませたら一路、東京へ。
伊丹空港展望台から見た景色。
PB050020.jpg
ええ天気や~♪


これで、大阪での心残りは全て無くなりました。
住吉の神様には本当に感謝、感謝です。
大阪屈指のパワースポットということですので、近郊の方にはお勧めしますー☆
2010.11.11 お礼参り
年頭、初詣に杏と一緒に住吉大社へお参りに行った。(2月のブログ参照)
その時、私は杏のことで願掛けをした。
杏が亡くなった後、住吉の神様が私の願いを叶えてくださったことを確信。
早くお礼参りに行かなければ、と思いつつ今日に至った。
秋晴れの某日、住吉様へ。
PB040007.jpg
ここに電車で来ることに為るとは年初には思いもしなかったなぁ。。(まさか2ヵ月後に転勤になるとは)

鳥居を潜ってすぐの太鼓橋を池の端から望む。
PB040011.jpg

五大力のお守りをお返しする。
PB040009.jpg

住吉の神様には本当にお礼の仕様が無いくらいお世話になった。
たまたま我が家は願いを聞き届けて貰えたのかもしれないが、霊験あらたかと勝手に思う。

まずは大阪へ来た第一の目的を果たす。
次は馴染みの店で、友と再会を祝す♪
PB040013.jpg
いつもの通り、魚が旨いんだな~♪

そして二軒目は・・・
毎度のベティマヨにて弾ける!!

明日もお礼参り?は続くので日付が変わらないうちにお別れ。
大阪、楽しい~~~~~☆

ふと思い立ち、ジョイ○ルホンダへ。
ここは郊外型の店舗の中でも特に大きく、駐車場の広さはは5000台。
カーナビが片道約30kmと表示。
一般道優先を選択。
はひ~~~っ・・・・
やっぱ近くはないわねー!
時刻は夕暮れ時になっちまいました。
PA310003.jpg

店内が広すぎて、欲しいものを見つけるのが大変。
でも、DIYのお店って何故だか好きなんです~☆
と夫に言ってみた。
先月は誕生日月。
お互いアニバーサリーに全く拘らない夫婦なので相手の誕生日すら忘れている。
ご多聞にもれず?夫は私の誕生日を忘れていた。
ふと「美味しいものを食べさせて」と言ってみた。
連れて行かれたのが「旬房」。(グランドハイアット東京内)
ランチということもあり、肩が凝らなくていい感じ。
画像のお膳の前にも小皿が出たけど省略!(笑)
PA300002.jpg
久しぶりに上等の牛肉を頂く♪
歯がいらない柔らかさ(本当)。
まさか日本料理屋で極上ステーキが出るとは思いませんでしたー☆
2010.11.08 どろんどろん
どろんどろん、副題「裏版四谷怪談」
劇団民芸の舞台。
由緒ある民芸の舞台、実は初めてだったりする。
そして今回は歌舞伎好きには好物の話の内容。
江戸時代から続く、歌舞伎の大道具方の長谷川家が題材。
どろんどろんとは、お化けが出てくる時の擬態語。
四谷怪談でお岩様が「恨めしや~」と出てくる時のソレである。
長谷川家がどうやって四谷怪談の仕掛けをこしらえたか、を舞台化。
もちろんフィクションが混じっているのだが、面白くて仕方が無い。
名優、大滝秀治の芝居はこころから「凄い!」と思ってしまう。
再演を希望してしまう舞台でした☆

PB060001.jpg
歩いて5分のところにTUTAYAがOPENすることになったこと。
歩いて7分のところにイトーヨーカドーもOPENすることになったこと。
23区の中でも場末だった寺島村が、少しだけ開けてきた(笑)
どうでもいいことだけど、ちょっとだけ便利☆
2010.11.05 ヒーター購入
昨シーズンまで使用していたヒーターはサーモスタットがおバカになったため、引越しの歳に廃棄。
さすがにヒーターがないと寒くて仕方が無いので購入。
PA270012.jpg
台所用に電気ストーブもついでに購入。
気をつけないと、レンジ&ストーブの同時使用でブレーカーが落ちちゃうかも!
2010.11.04 カエサル
優雅なランチの後に拝見した舞台は「カエサル」。

原作:塩野七生(ローマ人の物語)
演出:栗山民也

私達がよく知っている名セリフ「ブルータス、お前もか!」が出てこない舞台。
原作者はカエサルを悲劇のヒーローとは捉えずに描いている。
だから舞台を見終わった後も悲壮感が感じられなかった。
カエサルはオクタヴィアヌスという後継者選びに成功し、死後も彼の考えが実現し、実行に移されているているという事実。
そう考えると、悲劇の人では無いということか。
原作者が書いた「ローマ人の物語」を読んでみたくなった。

PA270011.jpg

お芝居が始まる時間を勘違いして1時間以上も前に到着。
時間を潰さなきゃいけないのでランチをすることに。
この日の劇場は日生劇場。
劇場横のカフェは満席で待ち人の列が出来ている。
ここに並んでたら芝居が始まる時間に間に合わないかも!と思い劇場向かいの帝国ホテルへ。
ティールームにてランチ。
ちなみに此処のティールームのお勧めはパンケーキです。

PA260009.jpg PA260010.jpg
グリルチキンを頂きました♪

夫はお昼を¥500-(ワンコイン)で食べる努力をしているというのに・・・(オホホ)
ちょいと優雅?なランチをしちゃいましたー☆

舞台の感想はまた明日。
2010.11.02 ジョアンナ
わかぎゑふ:脚本&演出、書き下ろし作品。
大好きな、わかぎゑふさんの作品を拝見。

舞台は14世紀ヨーロッパの教会政治が舞台。
9世紀に実在したといわれる女性ローマ教皇ジョアンナ伝説が基。
キリスト教には疎い仏教徒の私。
しかも仏教徒とは名ばかりで普段は無宗教のような生活。
宗教色の強い芝居を観るたびに「分からん」と思うことが多々でした。
しかし今回は理解し易かった!
本音と建前@政治と宗教
なるほど、こういう風に時勢は動くのか、という一つの見本を見せて貰った舞台。

外交下手の日本政府、少しは勉強してくだされ、と思う舞台でした☆

PA260007.jpg
また値札だった!(笑)
PA230006.jpg
うひゃひゃっ♪
1円お安くなってたのねん~☆