八月は花形歌舞伎の月。
毎年、若手が沢山出演し、新作が上演されます。
いつもの月と違い今月は3部制。
日にちを変えて全て拝見しました。

まずは1部。
「花魁草」「櫓のお七」の二作品。
「花魁草」は安政の大地震で生き延びた二人の見ず知らずの男女の物語。
年上の女が若い男の将来を考えて身を引く切ないお話。
年上の女を福助さんが演じていらしたのですが、最後の橋の上の場面は切なくて泣いてしまいました。
「櫓のお七」は舞踊。
七之助さんがこの踊りの見せ場である人形振りに挑戦!
本物の人形よりも人形らしくて美しかった~♪

続いて2部。
「東雲烏恋真似琴」「夏魂まつり」の二作品。
「東雲烏~」は現代演劇で人気の作家&演出家であるG2さんの新作書き下ろし!
これが一番見たかった演目。
この演目の元になったのは、実話東雲烏という浮世草子。
死んだ女房ソックリの人形と一生暮らした男の話がモチーフに。
この死んだ女房とお人形の役を福助さんが演じていらしたんだけど・・・・・
ウケル~♪
お人形の時の「悪い女」が見えちゃった時が個人的には好きな部分。
この作品で一番いいなぁって思ったのは萬次郎さん。
女形で少し老け役をされることが多い方。
ちゃんと古典の風格がありながら、今風の臭いもして♪
いろんなお役を拝見しているけど、萬次郎さんに関してはいつもハズレがないと思ってしまう。
「夏魂まつり」は舞踊。
これは成駒屋が勢ぞろいしての上演。
おじい様である芝翫さん、おじさんの福助さん、お父さんの橋之助さん、そして長男の国生さん、三男の宜生さんの五人が京都の五山の送り火を見ながら舞うという設定。
ここでは久しぶりに橋之助さんの女形を拝見。
三男の宜生さんの舞妓さんがかわいかったー♪

最後に3部。
「宿の月」「怪談乳房榎」の二作品。
「宿の月」は舞踊。
橋之助さんと扇雀さんの相舞踊。
三段構成になっていて夫婦が祝言をあげるところから始まり、子宝に恵まれ少しずつ夫婦の力関係が変化し、熟年になったころにはカカア殿下に。
そして最後は・・・・・
というのを踊りで表現。
扇雀さんを見ているとお母様(扇千影さん)に似てきたなぁと思うことしきり。
「怪談乳房榎」は勘太郎さん四役早替りの演目。
原作は三遊亭円朝の口演。
四役早替りですから忙しいっすよー。
「お?!今、代役と代わったか??」
と目を凝らしても最後は分からなくなっちゃうくらい(笑)
この役はお父様の勘三郎さんの当たり役なのでがんばっていらっしゃいました。
個人的にはお元気そうな小三山さんが拝見できて嬉しかった!!


P8240015.jpg


1ヶ月半ぶりの手習いの日。
自分のタイルを見て悲しくなった。
そう。。。
老眼が進んでいることを実感してしまったから(涙)
細かい作業の連続なので、メガネを外して裸眼で塗りました。
さてさて、老眼鏡を作る日も近づいてきたと思われますー☆
2011.08.28
夏の最後を生き抜くためか只今盛大に鳴いております。

広場にて。
椿の潅木の足元をパチリ。
P8240014.jpg
蝉が抜け出た穴が多数。

そして椿の幹を辿ると。。
P8240013.jpg
蝉の抜け殻が穴の数だけ。

何方かが申しておりました。
蝉の抜け穴があるということは六年間そこが手付かずで土のままだったということ。

今年の夏は大震災後ということもあり、ちょっと感慨深い思いで眺めました。

今年は開催が危ぶまれましたが、1ヶ月遅れて開催。
夕方、犬の散歩をしているとファミリーで自転車に乗り、会場方面へいく人が多数。
会話が聞こえてきて思わず
「そら、無理やわ~」
と呟いてしまった。
理由は・・・

某ママ:「浅草のビアガーデンに行って、そこから見ようよ!」
時刻は17時過ぎ。
もう浅草側に渡る橋は封鎖されている時刻。
なので無理。
そして花火の日は、花火を見ることが出来るお席があるお店は予約がないと入れない。
さてさて件のファミリーはどうしたのでせうね??



車で猫砂を買いに出た。
激安のディスカウントショップは都内ならではの造りで駐車場が無い。
路駐するしか方法が無いため、いつもドキドキ。
今日もハザードを出して停め、車から降りようとしたその時。
バックミラーに取締りのおじさん二人組みが嬉しそうにやってくるのを発見!!
「?!」
すぐに発進しましたわよー!
結局、今日は猫砂は購入できず(涙)
とりあえず私の金色免許は今の所無事でござんすー☆
2011.08.25 好きな声&曲
今頃だけど・・・
某国営放送で放映された「坂の上の雲」というドラマがあった。
基本的にドラマは見ません。
なのでドラマの内容は全く無知。(原作本は読んでます)
たまたま放送最後の曲を耳にして
「これ、好き!」
と思った次第。
予想通り、大好きな歌手サラ・ブライトマンが歌っていた。
そして毎日聞いてる♪
今度生まれ変わったら・・・って思ってしまうぐらいの人☆
2011.08.24 暑気払い
久しぶりの飲み!
って書くぐらいなので、当然お店を予約しての「飲み」です~♪
この日は、京都おばんざいを食べさせてくれる「茶茶白雨」へ。
(このお店の読み方は、ちゃちゃゆふだち、です)
お互い勝手知ったる間柄なので、好きな飲み物を手酌で頂きます。
沢山注文しましたが、酔っ払いなので全部の画像はありませ~ん(笑)

最初は御造り7種
P8110004.jpg


P8110005.jpg P8110006.jpg
左:生麩の田楽、右:蟹味噌豆腐

どちらも絶品!
とくに蟹味噌豆腐の方は、食べた瞬間「蟹味噌!蟹味噌!」と叫んでしまうぐらい濃厚♪
蟹味噌大好きな自分には「たまらん」一品。

そして箸が止まらなかった鰆の西京焼き
P8110007.jpg

この日はカウンター席を予約したので、友人と語らうにはピッタリのお席でしたー☆


4日前といい、一日の温度差の激しいこと!
朝は羽根布団を掛けて眠っていたと言うのに、午後は真夏日。
夜は25℃以上の熱帯夜に逆戻りって凄くね?

どちら様も体調の管理にはお気をつけくださいませー☆
2011.08.22 猫缶爪とぎ
P8090002.jpg
某TVで放映され、注文した一品!
1ヶ月待ちでしたの。
プルタブを持ってはいけません!(本当)

中の形状はこんな感じ。
P8090003.jpg
爪とぎの詰め替え用もあるみたい。

女王様、ご満悦の品となりました~♪
時々、この中で眠っているときもありですの。
画像が撮れたら、そのうちUPしますー☆

2011.08.21 嫌がらせ?!
義姉宅にお呼ばれ。(夫のお姉さま)
食後、テーブルに出されたのはメロン。
そう唯一私が食べられないアレルギー食材。

義姉:「あなたが嫌いなのは知ってるから桃、買ってあるわよ」

う~ん。。。。。
知ってて出てくるって凄くね??
んで、小姑に向かって「桃、食べます」って言えるほど厚顔無恥じゃねえっすー。
2011.08.19 一気に秋?!
朝起きて「あぢぃ~!」と言ってたら・・・
10時過ぎから土砂降りの雨。
みるみる気温が下がって、いきなり秋?!って感じ。
今までがとても暑かったから、ちょっと一息ついてます。
犬猫も涼しいのか、いつもよりグッスリ眠っている様子。


今日の雷で分かったこと。
「今度の犬は、近くに雷が落ちると吠える」
同名の映画からの戯曲。
演出:栗山民也

スターリンの粛清時代のロシアの話。
史実に基づき、実在する人物&架空の人物が登場。
どうしても社会主義を扱う芝居を観ると、ある種の閉塞感を感じざる負えない。
それは過去に日本も体験してきた事なのだけど・・・

主人公の人生を考えるとタイトルに疑問を感じた。
しかし、この場合の太陽をこの時代の社会主義体制と考えるなら納得できるということか?
激動の時代に生き、良きことを致したと思っていたはずが・・・
裏切り者となってしまう顛末。
社会主義に個人を尊ぶ姿勢は少ない。
それは全体主義を重んじるのだから致し方無しではある。
それにしても、である。
国家のためには個人を無くすことが尊ばれた時代。
そして命を軽々と奪われてしまう時世。

改めて、この時代の日本に生まれたことに感謝。

P8090001.jpg


汗疹が痒いので手近にあった虫刺され用痒み止めを塗ってみた。
(良い子はマネしないでね)
ヒンヤリ、スースーして気持ちがいい。
痒みも一時的ではあっても和らぐ。
TVを見ながら2~3度塗っただろうか?
翌朝患部を見ると・・治ってる!(驚)
いいのだろうか、これで。。。。。

ちなみに塗った薬はウ○コーワクールっす。
2011.08.16 汗疹
太っているので例年、汗疹には悩まされます。
しかし、今年は不思議な場所に発生。
右膝の左側。
膝の裏側なら納得いくんですけどぉ~
何故に左横??
左膝は全く問題無しの状態。
う~~~ん。。。。
とりあえず薬を塗って様子をみますー。
2011.08.14 犬孝行第二弾
比較的過ごしやすい日を狙って犬と一緒にマザー牧場へ。
そうしたら、この日は霧が発生した日となりました。
P7310029.jpg
湿度、高いっす!

それでも直射日光が無いため、犬は楽しくドッグランで狂喜乱舞♪
ココは来るたびに少しずつリニューアルが進んでいて、今回は貸切にできる場所が出来ていました。
P7310030.jpg

それではってことで15分間、思いっきり楽しませて頂きました~♪
P7310031.jpg


おまけの画像。
この牧場で初めて見た「リクガメの散歩」風景。
P7310027.jpg
何気なく係員さんに付き添われて芝生の上を歩いていました(驚)
2011.08.13 グダグダの猫
連日の猛暑。
いくら我が家の女王様が冷房嫌いといっても、こんな姿を見ると心配になる。

P7280025.jpg
い、生きてる??

東京はお盆に入り道が空いてますー☆
丸の内にある有名なライブハウス。
名前の由来は1920年代、禁酒法時代のNYにあった高級ナイトクラブから。

初めて訪れた場所。
HPには書いてなくてもドレスコードありなんだろうな、と思い「それなりの格好」で赴く。
大正解!
女性はどなた様も「それなりの格好」で来店。

クラブへ続く通路にはこんな写真が飾ってあったりする。
P7260017.jpg

私が訪れた日は、彼のライブの日。
P7260018.jpg
サム・ムーア

知る人ぞ知る超有名シンガー。
別名Mr.ソウルマン。
この日のチケットはもちろん完売。
70歳を過ぎてもパワフルでその歌声は魂を揺さぶる。
ノリノリでステージを楽しんだ♪
音楽ってジャンルを問わず本当に心に響くと思った日でした☆

2011.08.11 ナイスな梱包
下痢止め薬は幼い頃から愛飲しているブランドを信用している。
私の産地が越中ってこともあり、漢方薬等も子供の頃から馴染みが深い。
欲しいブツは置き薬で有名なメーカーの物なのでネットで購入しようと思ったら・・・・・
「家庭薬配置業をご紹介したします。云々~」
と書かれていた。
うげーっ!家まで薬売りが来るんかい?!と思いちょっとゲンナリ。
ちょうど田舎から友人が来るので購入を依頼。

手渡された梱包が私のツボにはまり一人でウケマクル♪
P7280023.jpg

この赤い箱、昔から売薬が置き薬を入れておくために使用していた物のレプリカ。
箱の中にはお願いしていた薬「赤玉はら薬」が。
友よ!ありがとねーーーーー!!
2011.08.09 溶けそう
猛暑がぶり返してきた(涙)
昨日見た電力使用量のお知らせは、昨年比-25%となっていた。
しか~し!
それは7月下旬が涼しかったからに過ぎない。
予想最低気温が28℃の明日は拷問か?!
はぁぁぁぁ~~~~~・・・
犬の体調と相談しながらエアコンが手放せない時期が到来ですわー。

どちら様も熱中症にはお気をつけくださいませ☆
友人一押しのチップス。

P7200020.jpg
激ウマッ!

味は申し分なし♪
個人的には塩分をもう少し抑えてくれると言うこと無しー☆
作:中島淳彦
演出&作詞:G2

音楽専門用語で、リタルダンド=だんだんゆっくり
このタイトルだけを見たら作品の内容を把握するのは容易ではなかった。
主人公が・・・
若年性認知症を患い、だんだんゆっくり。。というお話。

最後は涙を流さずにはいられないのだが。。。。。
それでも、この家族のその後を考えたり自分に置き換えたりすると泣けない!(マジ)
役者さん達がメチャメチャ達者ってことも手伝って身につまされました。

明日、夫が認知症になったら・・・・どうしますのん?@自分
(そういうお話です)


P7270022.jpg
2011.08.06 新聞から
日経新聞のプラス1から。
ちょっと前の記事にお取り寄せ可能な手作りチーズのランキングあり。

P7240001.jpg

食い入るように見つめてしまった♪
ワイン飲みてぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~!
夏になり、暑くなって犬とお出かけしてないなぁ~と思い、犬孝行することに。
高原やったら涼しいやろってことで、那須どうぶつ王国へ。

P7240003.jpg
初めて訪れました~。


犬が入れるエリアが制限されているので、ドッグランへ行くため犬連れ専用バスに乗車。
(ちなみに歩いても行けます。徒歩約20分だそうです。)
P7240013.jpg
このバスは犬連れのためだけのバス。
人様専用のバスは、犬型バス&猫型バスなど子供が喜びそうな外装となっております。

ガタガタ揺れる車内で我が家の犬をパチリ。
P7240004.jpg
ブレブレですやん~(汗)

そしてドッグラン。
P7240009.jpg
縦長に広~~い!!
空いていたので遊び放題♪
犬も大満足(だったはず)の一日。

お天気もまずまずで、高原のため湿度が低くて犬遊びにはピッタリの気候でしたー。



おまけの画像は、顔の黒い羊と挨拶しているところ。
P7240008.jpg


2011.08.04 豊作
塗装工事の足場を組むため、家の周りの伸び放題の雑草が邪魔!
塗装業者の方達総出で草取りまでやって頂いてしまいました(滝汗)。
そうしたら茗荷が今年は豊作でザル2杯の収穫♪
持ってきてくれた親方が何気なく
「俺、茗荷好きなんだよね」
と言ったのを聞き逃すことなく~
収穫して頂いた御礼を兼ねて半分お裾分けしましたー。

P8010032.jpg
私だけだと思いますが・・・
自分の免許の中身をじっくり見たことがありませんでした。
私が取得した頃と今は、なんとな~く「違うらしい」ぐらいの感覚。

我が家の外壁塗装工事が始まり、様々な年齢の職人さんがやって来ます。
その中に一人「明日、本免許取得試験を受ける」若者が存在。
親方や先輩にいろいろ質問しているのが家の中でも聞こえちゃうんです~(笑)

若者:「親方は何tまで運転できるんっすか?」
親方:「俺は8tだ」
若者:「マジっすか?!俺も明日受かったら運転できるんすかね?」
親方:「ダメだな。おまえは4tどまりだな」
若者:「え~~?」
親方:「免許の資格取得の上限が変更になったんだよ。だから今はダメなの」
若者:「俺、もっと前に生まれたかったー!」


そして親方の年齢に近い私は自分の免許証を確認してしまいました!
やっぱり「中型8t」ってなってる!!
ってか、実際問題どないして運転するねん!!
と勝手に突っ込んでしまおうー☆