さて今月は珍しく昼の部、夜の部とも日にちを変えて拝見。
昼の部は初日に拝見し感想は既にUP。
今回は夜の部の感想を。

演目は「外郎売」「京鹿子娘道成寺」「髪結新三」。
まずは「外郎売」。
これは歌舞伎十八番の内の演目。
今回、有名な長台詞を言う曽我五郎時到の役を尾上松緑さんが演じます。
個人的に松緑さんのよく通る声が好き♪
この日も滑舌よく例の台詞を語る。
成田屋のお家芸だけど音羽屋の外郎売もいいなぁって思いました。

次は「京鹿子娘道成寺」。
これは1時間にも及ぶ舞踏。
菊之助さんの美しい白拍子花子を拝見。
美しいだけで充分なのに踊りに引き込まれること!
後見の方との息もピッタリで衣装の引き抜きも途切れることなくスムーズ。
長い舞踊は途中寝てしまうことの多い私(自爆)
この日は、彼の美しさのおかげか堪能させて頂きました♪

最後は「髪結新三」。
何度も拝見している演目。
主人公の新三って、すご~く嫌な奴なの。
人を騙すのなんて平気の平左。
女と金に目が無い男。
でも菊五郎さんが演じるとリアリティを感じた!
女を誑かし、長屋に戻ってきてからの大家とのやりとりも絶妙。
大家役の三津五郎さんも「やり手爺」っていうのがプンプン(笑)
久しぶりに大満足のお芝居を拝見ー☆

PB250004.jpg

脚本:千葉 雅子
演出:G2

さてさて、其の一は浪花に在している時に拝見。
落語の話がごっつぅ絡んで面白かった!
そして今回、其の弐が上演とのこと。
楽しみに拝見。

ベースはやっぱり落語です。
古典落語のいくつもの話を織り込んで今回は恋話に仕上げての上演。
いや~~~~、こんなイジラシイ恋って忘れてましたよっ!@自分
私自身は優柔不断は苦手で、愚図もイライラするタイプ。
今時の草食系男子は、おそらく一刀両断に切り捨ててしまうであろう私(爆)

主役の坂東巳之助さんがストレートプレイ初出演というのも初々しい舞台。
最初は、歌舞伎調でわざと始まってましたが、回りと調和して良い具合に進行。
脇役の方達が芸達者ということもあり、爆笑しながら話が進むこと♪
めったに見れない柳家家緑師匠の女形には噴出すぐらいの爆笑!
この舞台を拝見した後は、落語を観に行きたくなる舞台でしたー☆

PB190014.jpg


義母に「私の両親のお墓参りに連れて行ってほしい」と頼まれた。
さて、これはちょっとしたロングドライブ。
関東だけど遠い。
基本的に夫は運転が嫌いなので、一緒の時は私に運転させる。

行きはよいよい帰りは怖い、のとおり帰路がアカンかった!
眠くなっちまった。
東京まで70kmぐらいの所で夫に運転を頼んだ。
超不機嫌な夫。
そして今までなら絶対に運転交代を頼まなかった距離だけど、頼んだ自分の加齢に気が付く。
「歳、取ったわ~。。。」


そんな一日でしたー☆
2011.11.26 検察官
作:ニコライ・ワシーリエヴィチ・ゴーゴリ
演出:セミョン・アレクサンドロヴィチ・ブーリバ
訳:浦 雅春

劇団NLT公演No.145。
ロシアの作品をロシアから招いた演出家による上演。
帝政ロシア時代の風刺がきいた芝居。
官位の高い役人に、諂う人々。
そして勘違いから起こる愚行の数々。
本来なら「クスッ♪」と笑いながら見続ける芝居なんだろうけど・・・
残念ながら、久しぶりに「う~ん。。(欠伸)」なお芝居を拝見。
まず客席に出演者のお友達と思しき人達が多数。
そうなると、笑う場面でも無いのに「わははっ♪」と、知り合いがセリフを発しただけで笑う。
申し訳ないが、シラケル。
こっちは芝居に集中できないし、耳障り&目障り。
そして準主役の青年のセリフが、間違えずに喋るのに必死に見えてしまって興醒め。
私好みの脚本なのに、全然楽しく無い芝居だった。
次からはチケットを取るのを考えちゃう劇団でしたー。。。

PB240003.jpg





どないなタイトルやねん、っていう舞台。
二人の男性ユニットがやっているサイレントコメディー。
二人とも、パントマイム界では超有名人。
その二人が出会ってユニットを組んだ。
世界各国を巡っているだけあって「言葉は要らない」。

一幕目は客イジリで笑わせてもらった(爆)
途中、「仕込み」の客もいたけど、本当に言葉が無くても腹を抱えて笑った!
そして二幕目。
ここからは、芝居としての演技力が掛かってくる。
何も話さなくてもストーリーが展開してゆく素晴らしさ。
これは、感動という簡単な言葉で言い表してはいけないのだろうけど・・・
他の言葉が思い浮かばない。
複数の役を、たった二人でこなしながら飽きさせない舞台。
これを同じ日本人が演じているのかと思うと、感慨深い。
PB170013.jpg
世界中で活躍していただきたい舞台人だと思いました☆

歌舞伎に行くとイヤホンガイドを借りることが多い私。
日本語のイヤホンガイドだと役者がセリフを喋っている時は解説しません。
間合い良く、邪魔にならないところで解説が入ります。
隣に外国人の方が座りました。
英語のイヤホンガイドを聞いていらっしゃる。
そして音が漏れてきて気が付いちゃいました。
「英語のイタホンガイドはず~っと解説しっぱなし」
ってこと。
日本人なら知ってて当たり前のことも、知らなくて当然の方達。
解説も忙しいんだろうなぁと思った次第でしたー☆

PB210016.jpg
スカイツリーの最後のクレーンも撤去されましたね。
いよいよ中村座のロングラン公演が始まりました。
今月は昼の部を拝見。
演目は「双蝶々曲輪日記」「お祭り」「義経千本桜」。

まずは「双蝶々曲輪日記」。
今回は全九段の中から二段目の「角力場」のみの上演。
何度も再演を重ねている場面です。
関取に素人力士が相撲に勝つ場面からの始まり。
力士、濡髪には中村橋之助さん。
痩せていらっしゃるので、かなりの肉襦袢を着て大関の風格を出していらっしゃる。
素人力士、長吉は中村勘太郎さん。
こちらは初々しい雰囲気が漂ってます。
江戸時代の力士と贔屓の関係とかが分かる、世話物らしいお話。
できれば通し狂言で拝見したいですー。

二幕目は舞踊の「お祭り」。
なんといっても勘三郎の東京での復帰舞台。
役者が大病の後の舞台復帰に好んで選ぶ演目。
そう、大向と役者のやり取りが有名な踊り。
大向:「待ってましたっ!」
役者:「待っていたとはありがてえ!」
難病ゆえ完治することはない病とはいえ、私にはいつもと同じ勘三郎さんに見えました。

最後は「義経千本桜」。
今回はその中から「渡海屋」と「大物浦」の上演。
今回のチケットを取ったのはこの仁左衛門さんが見たかったから♪
何歳になっても色気があって、いい男だわ~♪と思ってしまいます。
最後、血だらけになってもいい男!(と勝手に思っております)

中村座は仮設のテント小屋。
隅田川縁にこんな感じて建ってます。
PB150011.jpg

桜橋から小屋後ろをパチリ
PB210015.jpg

入り口入るとすぐ売店
PB150009.jpg

小屋の中
PB150004.jpg PB150005.jpg PB150006.jpg
左:お大尽席、中:大提灯、右、中村座の定式幕


そして何といっても、今回の中村座のお土産はコレでしょう(笑)
PB210017.jpg
中村小山三ストラップ♪
他の劇場では購入できません。
中村屋のお弟子さんで、大人気の方なので小山三さんの特製ストラップのみ今回製造されました。

私も大好きな方なので立役&女形の両方を買っちゃいましたー☆




23区外へ行けば産直店は沢山ある。
でも23区内は殆ど無い。
そこでタイル教室の帰りにちょっと足を伸ばして大泉にあるJA直営のお店へ。

PB140002.jpg
駐車場も完備されてて結構大きい

やっぱりお野菜が安かった♪
ちょっと嬉しくなっちまったぜぃ~☆
2011.11.21 天守物語
作:泉 鏡花
演出:白井 晃

泉鏡花の作品は何と言っても言葉の美しさ&摩訶不思議な世界観。
この物語は白鷺城の天守に百年来魔界の者達が住むというところから始まる。
決してホラーとかではない。
美しく切なく進むラブストーリー。
富姫演じる現代の女形、篠井英介さんの凛とした美しさに惚れ惚れ。
白井さんの演出は、いつもだと難しくて「??」なのだが今回は違った!
主役の二人の心の動きが伝わってくる&舞台美術もシンプルだけど奥行きがあって幻想的。
最後のどんでん返し?には驚いた。

そして原作を読みたい!という衝動に駆られた。
図書館で借りてきた。
思わず唸った。
「あ、出演者達が言ったとおりだ。漢字が難しくて意味が分からん~!」
こんなオチですんませんー。

PB100001.jpg




原作の最初のページ
PB210019.jpg
美しい日本語ですね~(笑)
2011.11.18 CMから
某車メーカーのCM。
ドラえもん実写版。
スネ夫が山下君っていうのは「クスッ♪」と笑って見てた。
ドラえもんの役者を見て驚いた。
「ジャン・レノ?!」
まじっすか??
ジャケットの後ろに赤くて丸い尻尾がついているのがちょっとカワイイー☆
2011.11.17 葬儀の仕方
今日、ご近所の御婆さんが亡くなった。
この辺りの風習で、亡くなった日に「お顔拝見」と称してご挨拶に伺う。
ご親族からの依頼は。。
「家族葬を希望しておりますので葬儀への参列は遠慮して頂きたい」
そういう葬儀も「あり」なんだな、と思った次第。
少しずつ、昔の風習が変わっていくのを感じた日でした。
2011.11.16 小さっ!
犬に留守番をさせるときに使用するナイラボーン。
新しいブツと比較。
PB060016.jpg

こうなったら飲み込む心配が出てくるので新しいブツと交換。

2011.11.15 初めまして
過日、江戸川河川敷で行われた訓練競技会でのこと。
お友達が参戦。
私は数十年ぶりの競技会の空気を味わうことに。
PB050015.jpg
そうそう、こんな感じ。

そしてお友達とは数年ぶりの再会をし、お互いの新しい犬同士がご挨拶。
PB050008.jpg
「ペロン♪初めまして、ヨロチクねん~☆」

2011.11.14 本日の手習い
先生との会話でのこと。
タイルとは全く関係ありません。

算数の出題。
私、見事に間違えました!!(自爆)
直感で、答える問題。
電卓&筆算も使ってはいけません。

問題
お弁当とお茶を買ったら¥110-でした。
お弁当とお茶の差額は¥100です。
さて・・・
お茶の値段は?

じっくり考えたら分かるけどさぁ~
即答は思いっきり間違えたぜっ!
(偏差値、50レベルの女@私)

2011.11.13 紅葉狩り
11月に入ってすぐに紅葉狩りへ。
何処に行こう~?と迷ったが、最近気に入っている那須方面へ。
11月に入っても気温高めの関東地方。
この日も暖かな日。
私の腕&デジカメ性能では、これが限界の紅葉画像。
PB030003.jpg

今年の那須もこれが最後だろうなぁ~。
我が家は冬使用のタイヤを持ってないからね。
また来年ー☆
新婚の頃は(遠い目)ポテトサラダを手作りしていた(あくまでも過去形)。
自分が好物だったから。
しばらくして夫がマカロニサラダが好物と知り、そちらばかり作るようになった(良妻と思うなよ)。
そして結婚生活二十数年。
どちらのサラダも既製品を購入するようになった。
理由は・・
「二人分だけ手作りするのは面倒」
わはは~!
私らしいでしょ?
そして本題に戻る。
初めてのお店でポテトサラダを購入。
私の好きな(っていうか母のポテサラに近い)具材が入っていた!
それは、りんご♪
そんな些細なことで本日ご機嫌な私ー☆
(美味しくて、あっという間に完食し画像無し)
音楽座ミュージカル「アイ・ラブ・坊ちゃん」を観に青山劇場へ。
音楽座は始めて拝見する劇団。
ミュージカルが専門の劇団のようです。

だるまやで腹ごしらえをした後、ご機嫌で劇場入り。
開演時間直前に突然プロデューサーが舞台上にお出まし。
何事かと思いきやアクシデント発生とのこと。
坊ちゃん役の主演男優が直前のリハーサルで足を負傷。
開演が遅れることとミュージカルなのに主役が歌うけど踊らない(踊れない)事態であること。
かなり緊迫した雰囲気だったので内心「幕が開けられるの?」と思ってしまった。

物語は夏目漱石の作品「坊ちゃん」を執筆中の11日間を描いたもの。
坊ちゃんを読んだのは何十年も前。
最後はどんな終わり方だったか思い出せない私(恥)
登場人物の設定や背景が丁寧に描かれ、しかも漱石の実生活がどんなだったかを同時進行で描く。
分かりやすかった&エネルギーに満ち溢れていた。
負傷した男優も、包帯こそ痛々しかったが踊れる限界まで踊っていたので違和感を感じなかった。
結果ばかりが求められる昨今。
ものの本質や仕組みをもう一度見つめなおそう、そして絆を大切にしようというメッセージが強く伝わってきた舞台でした☆

PB040007.jpg

2011.11.10 だるまや
懐かしい中華麺を食べさせてくれるお店。
PB020002.jpg

大学生の頃から通っている店。
大将も歳を取ったなぁ~(自分もだけど)
ココで食べるのは野菜そばと決めている。
PB020001.jpg
大好物!
そして、私のブログでは何度も出てくるお店。

青山に来たってことは、青山劇場への途中。
舞台のお話は、また明日~☆
今月は珍しく演舞場の初日に昼の部を拝見。
夜の部の拝見が今月下旬のため、いつもなら同日に昼夜の感想を書く所ですが、忘れてしまいそうなので(笑)

演目は「傾城反魂香」「道行初音旅」「魚屋宗五郎」の三幕。
まずは、傾城反魂香。
作者は近松門左衛門。
そして一幕目は、土佐将監閑居の場。
何度か拝見した演目ですが、今回の又平役の三津五郎さんのドモリの演技に魅了されました。
健常者には、なかなか難しい演技。
それを声を発するのがモドカシイ演技が伝わってきて・・・
この場の続きが見たくなる演技でした。
(出来れば通し狂言で拝見したい~。)

二幕目は舞踊で、道行初音旅から吉野山。
これはもう菊之助さんの静御前の美しさ&松緑さんの踊りの上手さですね♪
大向うさんからも
「よっ!ご両人!!」
と声が掛かっておりました。

三幕目は、魚屋宗五郎。
原作者は河竹黙阿弥。
このお話、実は好きなんです♪
やっぱ主人公の宗五郎がいい!!
酒好きってのが、いいのか?!(笑)
でも悪酒癖があって、暴力振るったりってのはどうなのよ?って役柄。
飲まなきゃいい人の典型。
それでも江戸っ子、義理人情に厚く曲がったことが大嫌い。
酔った勢いで、お手打ちになった妹のために。。。っていう筋書き。
終わり方が悲劇じゃないのも好き。
宗五郎役の菊五郎さんが本当にカッコイイ♪
お酒をグビグビ飲んじゃうシーンでは思わず
「あ~あ、飲んじゃった!」
と呟いちゃうぐらい。
酒飲みって本当に「そんな感じで飲む」っていうリアル感が出てた。

下旬に拝見する夜の部も楽しみー☆

PB040006.jpg




2011.11.08 立冬
ちょいと夕方になって冷え込んできました。
ようやく11月らしい気温のようです。
それでも日中は日差しも出て、ボチボチ気持ちのいい日でした。

お散歩にてパチリ。
PA280005.jpg

足が長く見えちゃう秋の日差し。
過日のブログで鞄用チャームのカスタマイズに嵌ったと書きました。
またまた創っちゃいましたー♪
カードケースのカスタマイズっす。
PA240013.jpg
今度は大好きな黄緑色!

観劇に行くときにSuicaを携帯する時、Bagの色に合わせて違う色にしたかったの♪
次は何を創ろうかな~~☆
十月の花形歌舞伎は夜の部を拝見。
演目は、通し狂言「當世流小栗判官」。
澤瀉屋総出演の舞台。
通し狂言のいいところは物語全体が見られるところ。
スッキリした気分で帰宅できます(笑)
照手姫役の笑也さんは本当に美しい&美声なので赤姫様がお似合い。
もちろん好物でございます♪
そして猿之助さん演出らしい宙乗りも披露。
亀治郎さんの小栗判官とお駒の早替りも見もの。
拝見したのが千秋楽だったので、役者さんもリラックス。
獅童さんが花道をはける時の音楽にCMで使用している「細マッチョ」を流した!
踊りもCMの通りのサービス。
会場内バカウケ!!
花道真ん中辺りで急に世間話を始めて
「舞台の真ん中に居る、悪い奴をやってる役者さんいるでしょ?
 (市川右近さんのこと)
 あの人、本当は凄くいい人なんですよ~。
 僕が小学生の時にTDLに連れて行ってくれた人なんですから。」
こんな話が聞けちゃうのも楽しかった。
そして大歌舞伎では異例のカーテンコールがあった。
楽しい舞台観劇となりましたー☆

PA260001.jpg
幕間のお弁当はちらし寿司



そして駅に向かう途中、建設中の歌舞伎座をパチリ
PA260002.jpg
基礎工事が終わり、ニョキニョキ柱が立ち始めましたよー。
いつも手習いの教室で、ご一緒するSさんに自分の好きな布を購入して作って頂いたBag。
PA210007.jpg

メチャメチャお気に入り♪
歌舞伎の観劇にも大活躍すること間違いなしー☆
先月は誕生日があった。
子供の頃からお誕生日を祝う習慣が無い家に育ったので、とりたてて「何か」はしない。
夫も私の誕生日にプレゼントをくれるような人では無い。
むしろ私の誕生日を覚えていないタイプ。

その日、朝一番で宅急便が届いた。
驚いた。
誕生日プレゼントでプリザーブドフラワーが届いた!
PA110001.jpg

贈ってくださったのは、いつも洋服を購入するお店。
ちょっとビックリ!

誕生日の翌朝(当日じゃなくて翌朝ってところが笑える)夫が花を見て一言。
夫:「何?」
私:「誕生日に花が届いたの」
夫:「・・・ふ~ん。」

思ったとおり、私の誕生日を忘れていた。
そして今年も何のプレゼントもなし。

さて、勝手に欲しいもの今年も買っちゃおうっと♪
2011.11.01 聖ひばり御殿
作&演出:加納幸和

花組芝居の本公演です。
今回も、弾けてましたねーーー!
作品の根底はジャンヌダルクの復権裁判。
そこにジャンヌダルクになぞらえた?美空ひばり嬢が登場。
複線として狐&狸の千年戦争が絡んで、忙しい舞台となっておりました。

こういう弾けた舞台は大好きです♪
頭をカラッポにして「楽しむぞ!」と思えるから。
美空ひばりさんの替え歌がバンバン登場!
耳が覚えてる世代なので何故かウキウキ♪
最前列のお席で馬鹿笑いしていたオバチャンは私です(汗)

座長の感性に拍手ー☆

PA230012.jpg

PA260015.jpg
最後に皆で振るコレ(名前忘れた)
蛍光で光るスティックやねんけど。。。
役者さんの自筆サインが入ってるのね。
私のは洋さんのでしたー☆