作:井上ひさし
演出:長塚圭史

副題に「子どもとその付添いのためのミュージカル」とあった。
なので子供向けの舞台なのだろう、と思って臨んだ。
大間違いだった!
原作者は馬場のぼるさん。
この方の言葉を借りれば・・・
「絵本というのはお母さんに迎合ものが多い。だったら、お母さんを驚かす作品を書こうと思った。」
そして、その思いに追従する形で井上氏が脚本を書いたようだ。

十一匹の猫が冒険する他愛のない話だと思ってた。
おっとどっこい、猫たちの関係性や存在は人間社会の縮図だったりするわけで。。。
一番最後のエピローグが原作にはない陰りのある部分。
これは子供向け??と思ってしまった次第。
なかなか考えされられる舞台でした。

P1240007.jpg
玉三郎さんの舞台を拝見する前に、劇場に併設されているリストランテで特別ランチを頂く。
ホテル西洋銀座の「アトーレ」というイタリアンのお店。
私、大酒のみですが昼間は飲まないんです。
なので、炭酸水を注文してランチスタート。

P1190005.jpg P1190006.jpg P1190007.jpg
左:ブリのカルパッチョ、中:ジャガイモのスープ、右:海老のパスタ

最後のドルチェ
P1190008.jpg
きな粉を使った和風の物でした♪

美味しかった~☆

美しい玉三郎さんを拝見。
今月の演目は「妹背山婦女庭訓」の中から、道行恋苧環と三笠山御殿。
四段目の二幕を上演。

「道行~」は舞踊。
一人の男性を巡って、二人の女性が横恋慕しあう三角関係の踊り。

「三笠山~」はここだけ演じられることが多い場面。
玉三郎さんが演じるお三輪は、切なくて悲恋のうちに死んでしまう役。
昨年、福助さんが演じたお三輪を見て「不条理だ~!」と思いながら拝見したことを思い出した。
玉三郎さんのお三輪は、私には感情の起伏が分かりやすく伝わってきた。
「あっ!今、恋焦がれすぎて狂い始めた!!」
還暦を過ぎてらっしゃるのに、十代の乙女にちゃんと見えちゃうし。
三島由紀夫さんが絶賛したっていうのが分かる気がしました。

P1190010.jpg
玉様、直筆の色紙。


エレベーターのドアが開くと、玉様の美しい写真がお出迎え。
P1190011.jpg




今月も、キュウキュウに忙しい私。
やはり1週間程、犬を預けた。
引き取りに行った帰路でのこと。
地元の産直野菜&それを使用したお惣菜ばかりを売っているお店を覗く。
ここのところ野菜の値段が高騰しているので、有難い値段設定。
前から気になっていた、房総ならではの巻き寿司を購入。

P1160004.jpg
かわいい~~♪

地元では普通に食されているみたいだけど、見た目からも美味しさが楽しめます。
この他に、菜花の細巻き等、春が早く訪れる房総ならではの巻物も購入。

美味しいものを食べると、やっぱり幸せを感じますー☆

新春恒例の浅草歌舞伎。
今年は第二部を拝見。

浅草歌舞伎の最初は「お年玉」と称して、持ち回りで人気役者が最初にご挨拶にお出まし。
ざっくばらんな感じで素の役者が見れるので美味しい(笑)舞台。
本来なら劇場関係者がやる「携帯電話の電源をお切りくださいませ」を役者さんがやってくれる(本当)
拝見した日は、坂東薪車さんがご挨拶。
関西を中心に活躍していらっしゃる方なので、殆ど初めましての方。
お写真より、ご本人が本当に「いい男」で嬉しいったら♪
もっと関東にも、お出まし頂きたい限り。

第二部の演目は「敵討天下茶屋聚」の通し狂言。
通しで拝見するのは初見かも?な舞台。
よく知っているお話ですが、舞台が以前住んでいた大阪なので地名が分かって楽しめます。
市川亀治郎さんが大活躍の舞台。
仇討ち物ですから、最後は気分爽快に終わるわけです。

でもね・・・(笑)
亀治郎さんったら、仇討ちの一行を台本にはないセリフで阻止しようと懸命!(爆)
阻止されちゃった役者さん達が笑いを堪えるのにのに必至になってるのが、アリアリ♪
ようするにアドリブ満載&個人的な弱み?の暴露も盛り沢山!!
違う日に拝見した友人に聞いたところ、同じ場面で、手を変え品を変え、仇討ちを阻止していたとか!
ま、お芝居が進まないとマズイので、適当な所でアドリブ劇が終わるのですが観客としては楽しいっす♪
新春に拝見するには爆笑できる歌舞伎でございましたー☆

P1180004.jpg



2012.01.24 積雪
東京は6年ぶりに4cm以上の積雪とか。
昨夜11頃の外の様子をパチリ。
P1230006.jpg
松の木の枝が折れそうなくらいです。

朝起きると庭中が凍ってた!
こんな日は、氷が溶け出す10時ぐらいまで動かないに限る。
そして犬の散歩に出かけたら・・・
泥濘だらけで犬をシャンプーするハメに(涙)
ここのところ悪天候が続いて洗濯物が乾いてないから、犬用のタオルを洗濯しても干す場所がない。
明日の散歩はアスファルトにするぞー☆
某喫茶室で有名なル○アール。
何十年ぶりに入り、ランチプレートを頂く。
リーズナブルで¥510-也。
ウェイトレスさんに
「コーヒーはお飲みになりますか?」
と聞かれたので、お願いした。
支払いの件になり、レシートを見て驚いた。

総合計¥1,070!!

そうコーヒー1杯の値段が¥560-だったわけ(驚)
ランチより高いのかい?!と二度見した次第。

そしてこの時、画像を撮ったはずなのにデジカメから消えてしまっている!!
いや~ん!
ル○アールの呪い??(苦笑)
所要で実家に帰省することになった。
冬季の移動はいろんな意味で避けてきたので、結婚して初めて冬の帰省となった。
悪い予感は的中。

朝、羽田を飛び立ち富山湾上空まで行く。
悪天候のため40分程日本海上空を旋回。
雪雲の切れ間を探したが見つからず羽田へ折り返した!
さぁ、それからが大変。
モノレールで浜松町に移動し、緑の窓口で新幹線&在来線のチケットを購入。
東京駅で新幹線に乗る。
乗車前に駅弁を購入。
P1110007.jpg P1110008.jpg
老舗洋食屋のお弁当。
残念ながら、不味くて半分残してしまった(涙)

越後湯沢で在来線特急に乗り換えたが、大雪のため、遅れる遅れる。
結局、実家に到着したのは家を出て12時間後。
実家って某外国に行くくらい遠い~~~!と思っちまった。

そして一日中氷点下の寒さとも戦った。
冷蔵庫内が温かく感じられるのも雪国ならでは。

帰路は何事も無く飛行機で戻った。
やっぱ冬場の帰省はしたくないよぉーーー!
2012.01.20 初雪
今年の初雪。
都心は積もることは無いけれど・・
それでも電車は遅延しちゃう。
久しぶりのお湿りが雪っていうのも、何だかね~☆
作&演出:鴻上 尚史

第三舞台の封印解除&解散公演。
客席は、普通の客層とは全く違っていた。
いかにも、いかにも「第三舞台が好き」という同世代が大半だった。

舞台が始まり、鴻上ワールドが炸裂し始める。
歌と踊りがあって、ギャグもあって・・・
世相を反映するメッセージも込めれられている。
そして長年のファンのためのお約束の被り物も(笑)

この物語で私の心に引っかかったのは・・・
死んでしまった友人のブログのこと。
そう。。
ブログの書き手が亡くなったときに、そのブログってどうなるの?!ってところ。
私にも同じ経験があり、その友人のブログは今も残っている。
芝居の中での重要なキーポイントになっていた、亡くなった人のブログ。
何故か、芝居に集中できず、其のことがずっと頭を過ぎっていた。

鴻上さんの脚本は基本的に救われない悲劇は無かったと記憶している。
なので今回も心が温かくなるストーリー。
そして私は、この芝居と関係なく、その友人のブログと時々読みに行ってしまう。

P1150001.jpg


やっぱり新鮮な魚介類でしょう!ってことで、レッスン後のお昼。
P1090006.jpg
ちょっと量が多かったね。
でも、イクラが超美味しくて嬉しくなっちゃいましたー☆
我が家に来て、一人っ子で育ったため「我が侭」に染まりきっているアホ犬。
人も犬も一人っ子で育つと、どうしても「我慢」をしなくてもいい生活が続くので我が侭になりがち。
レッスンを続けて「我慢」を思い出してもらうことに。

今度の犬は、他犬に対してはフレンドリーなので助かる。
しか~し、オビディエンス能力が皆無?!というレベル(涙)
レッスンの合間には、他犬と遊びます。
P1090005.jpg
デーンの3ヶ月の子犬と引っ張りっこ。
3ヶ月でこのサイズってことは・・・
来月は同じ、もしくは追い越されてるってことやね(驚)

楽しく遊んで、楽しく?学びましょうー☆
2012.01.15 等間隔なのね
桜橋にて。
ゆりかもめが、ほぼ等間隔で休憩中。
P1070002.jpg
みんな風が吹いてくる方向に顔を向けていることに気づく。
2012.01.14 梅が咲いてた
お散歩にて。
もう梅が咲いてるんだ~と嬉しくなりパチリ。
P1070001.jpg
もうすぐ春だね。

そして。。。
黄色い悪魔がやってくるのも。もうすぐ(涙)
犬が寒さのため自分で毛布に包まっていた。
PC270001.jpg
器用だねー。

しばらくして見に行くとこうなってた。
PC270002.jpg
熱くなったのね(笑)
2012.01.11 かわいいお顔
美容院へ行く途中、四谷駅前の某ビル入り口の猫さん。
PC290003.jpg
お顔がかわいい~♪
忙しい、忙しいと言いつつ、年末の大掃除もせず犬を連れてお出かけ。
今年最後のお出かけは、成田ゆめ牧場。
PC230022.jpg


丁度お食事中の牛さん達。
ご挨拶に行ったら嫌がられる(当たり前やね)
PC230024.jpg


お天気が良かったこともあり、ドッグランは寒くなかった。
お昼はオムハヤシを頂く。
PC230025.jpg
これ、マジで美味しかった!
次回からは、これを食べることにしますー☆
芝居の後。
年末、予約無しで飲もうと思ったら・・・
浅草を甘く見るなよーっていう次第となり(汗)
ようするに予約が無いと入れないお店ばかりだったの。
フラリと入ったお店が当たりでした♪

酒飲みにピッタリで少量ずつ、美味しいものが出てくる。
大好物の海産物ってのも私好み!
友人と腰を落ち着けて何時間も飲んだら、お支払いの時に言われた一言。
「女性で、こんなにお酒に強い方は初めてです。」
あはは・・・・
ま、誉め言葉じゃあねぇよな、とは思いつつ美味しかったので、また行くと思います。

画像は、食べた順番。
PC210014.jpg PC210015.jpg PC210016.jpg
左:白子ポン酢、中:ウニ、右:生牡蠣


PC210017.jpg PC210018.jpg PC210020.jpg
左:何かが入ってるオムレツ(爆)、中:馬刺し、右:銀杏

そしてお店からのサービスだった蛤のお吸い物
PC210019.jpg


久しぶりに、行き当たりばったりで美味しいお店を見つけてしまいましたー☆

 


2012.01.08 90ミニッツ
作&演出:三谷幸喜
出演:西村雅彦、近藤芳正

昨年末、最後に見たお芝居。
三谷幸喜の新作書き下ろしの二人芝居。
コメディではなくとてもシリアスな内容。
人間の倫理観を問われる作品。

部屋には二人の男。
彼らは人生を、そして生き方を懸けた戦いを始める。
許された時間は、90分。

一人は医者、もう一人は事故で怪我をし病院に運ばれた息子の父親。
手術さえすれば息子は治る。
しかし手術するには輸血しなければならない。
そう、時々耳にする「宗教上の理由等」で輸血を拒むケースを題材にした芝居。
なぜ90分かというと、90分以内に手術を始めないと患者が死んでしまうから。
ものすごい緊迫感のある舞台。
芸達者の二人なので、時間を忘れさせてくれる。
二人の攻防は、逆転に逆転を重ねる。
脚本家の技量が素晴らしいことを感じさせてくれる。
父親は最後まで輸血無しの手術を願うばかり。
最後は。。。。
ネタバレになりますが、医者として患者にどうあるべきか、という倫理観が勝ちます。

PC220021.jpg
2012.01.05 今年のおせち
今頃だけど、今年お取り寄せしたおせち。
P1010004.jpg

沢山ありそうに見えるけど~・・・
1段が10×10ぐらいのミニサイズのため、元旦に食べ終えましたとさ☆
2012.01.04 ニュースから
山手線に新駅が出来ると知った。
何だか不思議な感じ。
私があまり利用しない方面だけど利便性が上がるんだろうなー。
今年も宜しくお願い致します。

新年早々、忙しくて「何だかなぁ~」な状態です。
それでも、珍しく元旦に初詣に行ってしまいました!
今年は、何事にも穏やかな一年であって欲しいと願うばかりですー☆