2012.07.31 寝不足っすね
連日の猛暑にもめげずオリンピック観戦。
ちょいと寝不足の日々っす。
気が付けばブログ更新を忘れておりましたよ~(マジ)
明日から8月。
ぼちぼち更新も致します。


画像は庭に自生している茗荷。
P7200001.jpg
今年も豊作になりそうな予感ー☆
早朝はオリンピックの開会式で花火見物。
夜は隅田川花火を何十年ぶりに生で見物。

一日中、お祭りな一日でしたー☆
2012.07.27 土用の丑の日
ちょいと電車で遠出をした本日。
某JRの駅構内のエキュートで晩御飯を物色。
なんといっても土用の丑の日。
どのお店も「超」お高い鰻を売るのに必死。
売り子を相手にするのが面倒くさくて一番安い「ミニ鰻弁当」を購入。
これで¥1,200-ってどうよ??(驚)

P7270008.jpg
サイズ比較が出来ないのが残念なのだが・・・
通常の二分の一以下サイズだと思って欲しい。

鰻は嫌いじゃないけど、無理してまで食べたいブツではないなぅ~。
稚魚が採れないなら、食べ控えも致し方なしかしらんー☆
2012.07.26 ギリシャ料理

友人のリクエストでギリシャ料理を食べに行くことに。
六本木にある「スピローズ」というお店。
私も友人もギリシャ料理は初めて。

P7070007.jpg
ギリシャ国旗が目印

ランチで一番量の少ないコースを注文。
P7070008.jpg
前菜(料理の名前忘れた!)

メインはトルコ料理にも出てくるムサカ
P7070009.jpg
これがねぇ・・・
美味しいんだけど量が多いの!
討ち死にするぐらいの量。

もともと苦手な甘いもの。
食べきるのに苦労しましたよ(苦笑)
P7070010.jpg


食べた感想はイタリアンに似てるかな。
一皿の量がもう少し少ないと嬉しいかもー☆
2012.07.24 蝉の初鳴き
今年初めて蝉の声を聞きました。
昨年とあまり変わらないようです。
あの声を聞くと・・・
ますます暑く感じるから不思議~~~~(笑)



今日のニュース速報で「え~っ!?」と言ってしまったこと。
イチローがヤンキースに移籍したこと。
新天地でますますの活躍を期待しちゃいますー☆
2012.07.23 天日坊
2012年、コクーン歌舞伎。
原作は河竹黙阿弥。
それを当代きっての人気脚本家、宮藤官九郎さんが練り直し~
串田和美さんが演出&美術という豪華な舞台。
前評判も高かったので楽しみに拝見。

いや~~~♪(喜)
黙阿弥が「こうなる??」っていうぐらい斬新!
そして宮藤さんの手腕に脱帽。
超長い話を、よくぞここまで短くして、しかも現代風にアレンジしちゃって!!(驚)
勘九郎が言うセリフの「マジかよっ?!」が効いてるって思っちゃいました。
今時の若者が言う「マジかよっ!?」を歌舞伎役者が言うんだもん。
会場がドヨメキマシタよ(本当)。
きっと300年前って、今時の若者が言うセリフまわしだったはずの歌舞伎。
平成では古典だけど「こういうノリじゃなきゃ!」って思わせていただきました。

物語は主人公が源頼公のご落胤を名乗って運命が変化していく話。
それにしてもコクーン歌舞伎、面白すぎ!!
歌舞伎役者だけではなく、普通の?役者さんも参加するのでセリフ回しが早い。
だからテンポがいい。
個人的には市村萬次郎さんがツボでした♪
ど近眼でいらっしゃるのは存じておりましたが、まさか舞台で普通に眼鏡でお出ましとは!
しかも、おっとりした若様?の役で。
楽しませて頂きました。
是非、再演を希望致します☆

P7080011.jpg


先程の出来事。(イタ飯を食べました)

本日は、夫は休日出勤、私は観劇、という一日。
お互いに帰宅時間を連絡し合う。
何故かと言えば~
犬の散歩時間のため!(本当)
先に帰宅した方が散歩をするってこと。
本日は目出度く?殆ど変わらずに帰宅。
散歩を済ませて晩飯の相談。
「久しぶりに近所のイタ飯行ってみる?」
ってことで、行ってきました。
近所ってこともあり私ったら携帯も放置して出動~(笑)
(ようするに画像無しってことね)

で、何が書きたかったか、というと。
一番リーズナブルなコースを注文したが、食べ切れない量だった。
お店の人に「食べきれないので、お金は払うからメインはいらない」と言ったら・・・
お店の人:「お嫌でなければ、ピザはお持ち帰りにさせて頂きます」

ほぉぉぉぉぉ~~~~~♪
こういうお店もあったんだー!ってこと。
もちろん次からは量を考えて注文するんだけど、ちょっと嬉しかったの。
味は本当に満足。
できれば。。。
ワインがねーーーーー(分かる友人だけ、この意味を理解してくれい)

2012.07.20 ご飯の催促
女王様は午後4時を過ぎると「ごは~ん!」と催促を始める。
もちろん、そんな時間にご飯を与えたことは無い。
我が家だけじゃないと思うけど・・・
猫のご飯の催促って本当にシツコイと思う。
犬は「うるさいっ!」と言えば黙るけど、猫は聞いてないもん(苦笑)
ご飯が出てくるまで泣き続ける根気強さを、是非違う部分で発揮して欲しいっす。

P7040006.jpg
女王様、台所に向かって「ごは~ん!」の図
クローゼットの中を整理した。
中の物を順番に出し始めたら「マジかよっ!?」っていう虫が生きたまま登場~。
(大丈夫、画像は無しっす)
それは、蚊。
しかも2匹も!!!!!
そっか~、どんなに蚊取り線香&香取マットを使用しても蚊に刺されるわけだわ。。。
丁度、掃除機を使用していたので2匹とも吸い取ってしまいました!
たぶん・・・
死んだと思うんだけどダメかしらん~??
熱海五郎一座の久しぶりの公演。
それもそのはず、三宅裕司舞台復帰記念だから。
昨年8月に医師に「もう二度と舞台には立てないかも」の宣告。
その後、懸命のリハビリに努め奇跡的な復活!
今回も喜劇を存分に楽しませて頂きました♪

タイトルの通り、噺家が沢山出てくるお話。
本職の春風亭昇太師匠は噺家じゃなくて刑事役。
(ご本人は噺家の役じゃなくて喜んでいたらしい)
いつもの通りアドリブも満載。
個人的に面白い演出だと思ったのが・・・
「堀の内」という話を、東MAX→小倉久寛→ラサール石井→渡辺正行→三宅裕司でリレー形式で聞けたこと。
上手いなぁと思ったのは三宅さん。
さすが元明大落研!
あ・・・渡辺さんもだった。。。(爆)

東京喜劇、やっぱり大好きです~☆

P7010005.jpg

2012.07.17 梅雨明け
明けました。
で・・・
猛烈に暑いっす!!
日中は犬と一緒に扇風機の周りで動かずに過ごし~(笑)
さすがに夜眠れないのは辛いので、寝付く最初だけエアコンのお世話に。
はぁ~~~~。
打ち水しても、なかなか涼しくならんのぅー☆
原作:アントン・チェーホフ
翻案&演出:三谷 幸喜

チェーホフの桜の園。
有名だし、太宰が斜陽を書くきっかけになった作品。
今までの演出だとシリアスな悲劇として描かれてきたことが多い。
この度、三谷幸喜さんが「喜劇」として演出し、上演。
ちょいとワクワクしながら拝見。
配役も豪華。
奥様役のラネーフスカヤに浅丘ルリ子さんですもの!
私は彼女の舞台は初見、そして貴族の奥様らしい気品はさすが。
でも彼女がマジメにその役になりきると喜劇性がますます高まるわけで・・・
すごく斬新な桜の園を拝見しました。
個人的には喜劇・桜の園は「あり」だと思います☆


P6280002.jpg

はぁぁぁぁあぁ~~~。。。
ベタベタの季節到来っす(涙)
流石の犬も「ボール投げ」のおねだりが少なくなります。
どちら様も、熱中症にお気をつけくださいませ。



私は・・・
快調にビール等、飲みながら体調に気をつけております(自爆)
2012.07.12 薮原検校
作:井上ひさし
演出:栗山民也

数週間前に拝見したので、記憶を呼び戻すのがやっと・・・(冷汗)
井上作品の中でも、日本のみならず海外でも上演され続けている有名な作品。
そして主人公が悪人っていのは珍しいかと。

今回の主人公役は野村萬斎さん。
盲人として生まれた主人公。
江戸時代、世間の偏見&悪と戦いながら盲人の最高位であった検校に上り詰める様。
初代の薮原検校は実在したが、このお話は二代目という架空の人物設定。
いつもの事ながら、物語はどんでん返しがある。
この作品に関しては、井上作品の「くすっ♪」と笑う要素の少ないこと。
重たい空気の中を話が進む。
彼に罪を重ねさせたのは社会悪だったのかもしれないなぁと感じるお芝居でした。


P6280001.jpg


スカイツリーに登るための当日券が今日から開始。
今朝は6時前からヘリコプターが飛んで、煩かった!
ご存知だと思いますが・・・
スカイツリーは前売り券の方が値段が高いんです。
当日券の方が安いの。(でも¥3,000-もするんだけどね)






追伸
赤ちゃんパンダが死んじゃって悲しい~~~(涙)
溜まってます!(苦笑)
なんだか「書く」気持ちにならなくて(毎度)
書く気になったら、がんばってUPします。

要するに~

毎日「遊びすぎ!」ってことです(本当)
2012.07.08 ピローちゃん
前回の記事のピローちゃん。
義母様もお買い上げ。
で・・・
本日、義母様と電話をしていて確認してしまった。
私:「あの枕、いかがな使い心地で?」
義母:「私には、合わないわ~」
やっぱり。。。。。
ちょっとね、高さが合わないんだと思うのー☆
有明にあるIDCのショールームへ義母様と出かけた。
もちろん私は運転手兼荷物持ち。
「ソファーが欲しいの」
とおっしゃるので、ご一緒した。
噂には聞いていたけど、とにかく
「広~~~~~~~~~~~~~いの」
入口を入ると直ぐに案内係の方がやってきて、ソファを展示してある箇所を回ってくださる。
ってか・・・
ソファーだけで500組もあるんですぜ、ココ(驚)
しかも2フロアーのそこかしこにある。
移動はエレベーターですわよ。
義母様じゃないけど
「最初に見たソファーを覚えていられないわ」
私も同感。
数が多すぎて選べない!
そしてこの家具店の特徴は「ピンの品揃えが素晴らしい」ということ。
庶民感覚のお値段のものは、殆どございません。
もう途中から義母様と一緒に、最高級のソファーの座り心地を確認するっていうプレイに切り替えました(笑)
あ、もちろんソファーは購入しませんでしたのよん~。


でもね、タダでは帰さない@担当者
最後は寝具の売り場でこんなものを購入してしまいましたよ(苦笑)

P6260022.jpg

中身は~
P6260023.jpg
ピローちゃん。

寝心地は。。。。。
私はイマイチでしたねぇ。
パンダのシンシンが赤ちゃん出産!
嬉しい~♪
上野のパンダ、そろそろ見に行こうって思ってたけど、赤ちゃんが公開されてからにしようかしら。。
トキといいパンダといい、順調に育つといいなー☆
2012.07.03 六月大歌舞伎
六月の新橋演舞場は怒涛の襲名披露公演。
目玉は何といっても香川照之さんが歌舞伎役者としてデビューする初舞台。
公演当初からチケット入手困難な今月。
なんとか手に入れて昼の部を拝見。

澤瀉屋総出演の今月。
昼の部の演目は「小栗栖の長兵衛」「口上」「義経千本桜」の3本。
まずは「小栗栖の長兵衛」。
初見です。
新歌舞伎なので、イヤホンガイドは要らないかも?なお話。
香川照之さん改め市川中車さん、ご立派な初舞台だったと拝見しました。
古典ではないので演技もある程度、自由かと。
主人公の長兵衛は無法者。親類縁者&村人にまで嫌われているという設定。
でも、とある事件をきっかけに人々が彼を誉めそやすという人間の愚かさを描いたもの。
唯一つ、惜しかったのは中車さん、月末に近かったせいか声が潰れ気味。
どうぞ、歌舞伎役者としての喉を鍛えてくださいませ。

「口上」では・・・
どちら様も珍しく律儀なご挨拶が続きましたね。
終盤ともなると多少は面白くなるのが常ですが・・・・

最後は「義経千本桜」。
今回は猿之助襲名ですから、叔父様の形に準えての狐忠信。
いつも騙されて?(笑)しまうのは
「出るよ~!」
の声で花道の揚幕のチャリンという音の方を見てしまう自分。
判りきっているのに、階段途中を見ることが出来ないの!(苦笑)
で、今回は「見たぜぃ~(スギちゃん風で)」。
美しく華々しい、狐忠信を拝見しましたー☆


P6230015.jpg
襲名幕はアノ福山さんからの贈り物!

P6230017.jpg
名前の所だけ拡大!(笑)