原作:セガゲームス、龍が如くシリーズ
脚本&演出:田村 孝裕

え~っと。。。
この原作はゼガが作ったゲームの中のお話です。
それの舞台化。
何故チケットを取ったか、というと気になる役者さんが出ているから。
しかも端役!(苦笑)

このゲームの内容は全く知りませんでした。
お話が進むと・・・
どうもゲーム仕立てな脚本のようで、ゲーマーの方達から笑い&拍手が起こる!
ドラマチックな内容で感情移入がしやすい。
そして任侠物。
義理&人情を重んじる特別な世界。
上下格差もハンパじゃない。
ふ~ん。。。。
ゲームの世界観を舞台化すると、こんな感じになるのね、という実感。
とにかく、主人公が格好良すぎ!!
こんな男が実在したら「惚れてまうやろお~!」です。

感想としては、良くも悪くもない感じ。
これって、一番アカンのか?!(汗)

P4250022.jpg





この劇場。
赤坂TBSの敷地内。
開場ギリギリだったので、お腹ペコペコの私。
地下鉄の改札を出た所にあるSUBWEY(サンドウィッチ屋)にて夕食を済ませました。
P4240021.jpg
この日の限定サンド。
メニュー名を忘れちゃったーーーーー(汗)
でも超美味しかった☆
早朝も揺れた。
そして、今また。
う~ん。
火山列島日本。
なんだか某映画のごとく、ドッカンドッカン崩れて欲しくないわー。
非難道具の確認しなきゃ&ペットの持参品も(マジ)。
私が拝見したのは夜の部。
理由は・・・
七緒八ちゃんが初めて女形で出ると聞いたから。
演目は「妹背山婦女庭訓」「高杯」「幡随長兵衛」の3本。

まずは「妹背山~」の三笠山御殿の場。
ここは本当によく上演されます。
お三輪が非業の死を遂げるお話。
私自身、子役が出る場面があったか??と記憶に無かった場面。
成る程~~。
豆腐売りの娘ってことねーーー(納得)
可愛かった♪
オバチャン、初舞台まで追っかけるわ~(マジ)

次は舞踏の「高杯」。
これはタップを取り入れた舞踊で有名ですね。
先代、勘三郎が得意としていらした舞踊。
勘九郎さん、家の芸を継承していらっしゃいました。

最後は「幡随長兵衛」。
任侠物です。
実在した大親分。そして最後の場面もあながち、偽りではない
ただし歌舞伎ではフィクションのお話が多いですね。
今回は、よく上演される場面でした。
最初の幕は華やかですが、それ以降は任侠道が臭ってきます。
死を覚悟する主人公と家族&子分の別れ。
最後の大立ち回りは「湯殿の長兵衛」といわれる有名な場面。
堪能させて頂きましたー☆


P4170008.jpg



やっぱ思い出に、この提灯は撮らないとねー!
P4170012.jpg





余談ですが・・
この日、私の前のお席には常盤○子さんご夫妻が座っていました。
今、朝ドラでお忙しい中、合間に観劇されてたんだろうな~と思って横顔に見とれてましたー☆

三年ぶりの中村座でございます。
本当に三年前は勘三郎さんが生きていた。。。。。
何だか不思議な気持ちで劇場に向かいました。
今年は浅草寺境内にテントを設置。
P4170003.jpg入口はこんな感じ(いつもと違って不思議~)


P4170004.jpg列に並んで進むとこんな風景に変わります。
芝居小屋って風情。


P4170006.jpg中村屋の定式幕
なんだか右隅に汚れが?!
寄って見ました。


P4170011.jpgあっら~~~~!?
どなた??

筋書を購入して判明。
この平成中村座の中には18人の勘三郎がいる、という設定で隠れ勘三郎が仕込んである、と。
楽しいぃぃぃぃ~♪
でも私は、これ以外はもう一つしか見つけられず(残念)!
それは、トイレに繋がる廊下で発見!!
しかし撮影できず。
理由はもちろん「トイレに行きたくて撮影どころでは無かった」ということ。


感想はまた明日ー☆



毎日の日課ですから~・・・
犬の散歩に出ます。
いつものように遊んでいると、男の子が出現。
彼:「僕も犬と遊びたい!」
私:「いいよ!」
と遊び始める。
途中、心配した母親が見守る中、何事も無く遊ぶ。
別れ際、5歳の彼に言われた。
「おばあちゃん、バイバイ♪」


そっか~~~~~~~~~~~~~~。。。。。。。。。。。。
彼には私は、おばあちゃんっていう「見てくれ」なんだと理解。
年齢的には決して無理なことでは無く・・
友人で一人だけ孫がいるという年齢。

やはり、初めてオバアチャンと無垢な子供に言われると実感します。
やっぱ「私って老け顔&デブなのねー」って(悲)


だからといって、ダイエットに励むというプラス思考には、ならないところもオバアチャンってか?!
2015.05.22 本日3周年
スカイツリーが3周年を迎えました。
とりあえず、隣村の目出度い行事なのでコメント♪
これから集客数が年々減るとは思いますが、頑張って欲しいっすー☆
2015.05.21 今年の桜
今年のお花見は王道の隅田川墨堤を歩きました。
本当の「満開」っていう週末。
バカボンを連れて歩いてしまいましたー(暴挙)

P3280056.jpg屋形船が沢山!


P3280055.jpg
撮るのが下手で申し訳ない画像。
よ~く見ると向島芸者達が接待してるの~!

私は犬を連れて浅草側に桜橋を渡ります。
浅草でお買い物して、途中で人力車のお店の前でパチリ!
P3280057.jpg
横のマネキンが嫌なバカボン(おいっ!)



とにかく人が多くて。。。
きっと、ご迷惑だったと思います(スミマセン)
す~ごおく疲れた私は、翌日・・・・
帯状疱疹を発症しましたとさーーーーー(笑えねぇ)

原作:いしい しんじ
脚本&演出:ウォーリー木下
音楽監督:トクマルシューゴ

副題が、つながる音楽劇。
不思議な体験というか初体験が味わえるかも?!と、思って取ったチケット。

お話は難しくない。
ただただ「つながる」という副題&リフレーンが私には難しかった。
いろんな趣向を試しているのも分かった。
楽曲も録音ではなく実音での演奏も多々。
しかも手作り楽器まで登場。
いかに「音」に拘っているかは、分かる。
そしてソレが繋がるってことなのね、と理解@勝手に。
原作を戯曲に作り上げる作業は本当に大変だと想像します。

私は原作を読んでいませんが、クーツェが、この通りだったら「いいな♪」って思いました。


P4150001.jpg




何だろう?
デブだからか、とにかく汗をかく。
気温は、まだ我慢ができる範囲。
でも。。。
汗が出る。
これは湿度だね。
デブには辛い!(涙)

画像は義母様とのランチ♪。
毎度ながら美味しい~~~~~~~~☆

P3210050.jpg P3210051.jpg P3210052.jpg
ママ、ご馳走様ですぅ~♪


ちなみに、私は義母のことを本当に「ママ」と呼びます。(どちら様もビックリ?)

国立劇場の三月は「梅雨小袖昔八丈」、通称、髪結新三でした。
このお話、主人公は超ムカツク男なんだけど、最後に
「世の中そんなに甘くない」
っていうオチがあるから好き。
新三には橋之助さん、子分の勝奴には国生さんの親子共演。
国生さんが最近、本当にいい男になられて、お役も沢山付くようになりオバチャンとしては嬉しい限り♪
大家のゴウツクババアには大好きな萬次郎さん!
楽しく楽しく拝見しましたー☆

P3230053.jpg
たまには犬孝行ってことで、ポティロンの森に。
本当に久しぶり~!
いつ来ても大型犬飼い主には、ここは広くてブラボーな場所。
貸切?な感じで遊びましたー

P3200048.jpg

そしてバカボンは柵の外の羊に夢中~。。。
P3200047.jpg
鼻、無くなるで~!

この日、食べたカレー。
P3200049.jpg
おぉ~~~!!
雑穀米が入ったお米だー♪
進化してるね☆
2015.05.14 趣味の部屋
脚本:古沢良太
演出:行定 勲

再演の舞台ですが、個人的には初見。
いや~~~~~!
見応えのある舞台でした!!
男性5人&女性1人のお芝居。
最後の最後のどんでん返しには驚いたーーーーーー!!!!!
でもね。。
私もこういう感じの趣味の部屋って持ってみたいと思ってしまった。
複数の友人と、とある部屋を共有し、其々の趣味を家族に邪魔されることなく楽しむためだけの部屋。
気が合う相手なら、楽しいだろうな~って。
でも相手の趣味にも寄りますが・・・(謎笑)
そして家族には、この部屋の存在は内緒(これが鉄壁の約束)。
実現できたら、凄いお話ー☆

P3120046.jpg
原作:ジャン・ポワレ
脚本:ハーベイ・ファイアスティン
作詞&作曲:ジェリー・ハーマン
演出:山田和也

日本初演から30年の節目の年。
3年ぶりの再演。
初演からのキャストは真島さんと森さんのお二人。
何度も拝見しているミュージカルだけど、何度でも見たくなる舞台。
ゲイの二人が主役だけど愛に溢れたお話。
市村さんと鹿賀さんのラブラブっぷりがステキ♪
終演後の頭の中はテーマソングがエンドレスで巡ってましたー☆

P2270045.jpg


市村さん胃癌手術後、私は初めて拝見した舞台。
お元気そうで嬉しかった!
歌舞伎座の裏に「オペラ座」があります(笑)
ダイニングバーです。
P1310039.jpg
OPENは新しい歌舞伎座と同じ日だそうです。

お店に入ると鰹だしのいい臭いが漂っています。
一押しメニューの豚しゃぶ用のお出汁と判明。
私好みだったのはワインの種類が豊富で、お食事に合うワインをグラスでセレクトしてくれるところ♪
通ってしまいそうだわ~!

P1310040.jpg
美味しそうでしょ?豚しゃぶよ~ん♪

P1310041.jpg P1310042.jpg
ガーリックトースト、トマトのカプレーゼ

美味しい夜を過ごしましたー☆
脚本:福原 充則
演出:河原 雅彦
音楽:Only Love Hurts(面影ラッキーホール)

もうね、拝見して思ったのは・・・
「この舞台、何が伝えたいのか解らん!」
だった。
終演後、帰宅する電車の中でプログラムを読んだ。
そして納得!
この舞台を構成していたのは、O.L.H.というバンドの歌を具現化したということ。
このバンド、凄すぎ(笑)
絶対に「R」コードに引っかかる内容の歌詞バッカリ!!
タイトルも凄い:「パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた・・夏」
どうするねん?!
でしょ??(苦笑)
そんな歌の数々を繋いで、一つの芝居にしてしまう河原氏もブラボー!

個人的は。。。
キョンキョンがアイドル時代と同様に歌いまくってくれたことが楽しかったなー☆


いやおぅなしに
2015.05.07 蚊!!!!
昨夜は眠れなかった!
タイトルの通り「蚊」のせい。
GWに入って高温が続いたため、あいつらも元気になっちゃったんだろうなー。
夜中の1時に、某ノーマットを設置。
ようやく顔の周りで「プ~ン♪」という音から開放された。
はぁ~~~~~。
温暖化を感じるわー(涙)。

あ、もちろん犬はとっくにフィラリアの薬は飲んでまっせー☆
2015.05.06 国性爺合戦
平成二十七年二月、文楽公演

二月の文楽は夜の部を拝見。
このお話、江戸時代に実在した人物を題材にしています。
貿易で日本に滞在していた中国人が日本人妻との間に儲けた子供とのお話。
祖国のために活躍した彼は中国や台湾では英雄とのこと。
私自身、何度も拝見しているお話。
何度拝見しても感動してしまいます。
悲劇もありますが、やはり祖国のために尽力する主人公には涙します。
さすがに・・・
虎狩は「ありえねぇ~」と、いつも思っちゃいますけどね(笑)

P2170043.jpg
郷里の友人が上京してきた。
待ち合わせた場所が品川にあるニホンドウ漢方ミュージアム。
P1290036.jpg

何だか身体に良さそうな漢方を販売している場所。
そのレストランにてディナー。
P1290037.jpg
もうね、このビールにも漢方薬が入ってるの!
身体に良いんだか悪いんだか分からないアルコール飲料~(笑)

そして前菜。
P1290038.jpg
身体に良さそうな食材ばかり!

この後はメインの薬膳鍋。
もう、美味しくて画像を撮ってる暇はありませんでしたー☆
2015.05.04 志の輔落語
毎年パルコ劇場恒例の新春落語。
師匠とは郷里が一緒なので親近感アリアリっす。
今年は、北陸新幹線開業ってこともあり富山ならではの新作落語もご披露♪
同じ郷里だと、ちょっとしたことが「あるある」なんですよね~(嬉)
そして師匠が最後に
「ロビーに富山の売薬さんを呼んでおいたので、見て帰ってね」
という一言。
それは。。。。

P1260032.jpg
うっひゃ~!マネキンかいっ!!
でも江戸時代の売薬さんって本当にこういう出で立ちだったのよねー。
今日の新作落語からの流れなので、会場に来た人しか解らないネタですわねー。


P1260030.jpg
国立劇場の新春歌舞伎は通し狂言「南総里見八犬伝」でした。
曲亭馬琴の大作ですね。
私は子供の頃に某国営放送の人形劇で拝見したのが最初。
歌舞伎になると、仕掛けも大きくなり見応えバツグン!
菊五郎劇団が中心となっているので、大人数の捕り物もお得意。
八犬士も登場して新年に相応しい華やかな舞台でしたー☆

P1270033.jpg
脚本:岡田惠和
演出:堤 幸彦

二組の夫婦が登場。
休暇を過ごそうと連れ立って貸し別荘にやってきたところから話が始まる。
新年早々コメディーで笑った。
そして、この二組の夫婦の着地点は何処になるんだろう?
と、最後までハラハラした。
個人的には「ふ~ん、そういう結論なのね」と感じちゃいましたー☆

P1210029.jpg