上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログの管理画面が「バスワードを更新せよ」との御達し!
マジか~~~。。。(面倒)
とりあえず、変更した。
解ってる。
でも覚えられない自分(涙)。
もちろんメモしましたよー☆
スポンサーサイト
友人と年末に東京スカイツリーで開催されていた、歌舞伎の中村屋に関する催しを観に行った。
展望デッキに上って夕方から観られると知り、夕暮れに待ち合わせ。
ついでに、クリスマス限定の屋外でのプロジェクションマッピングも見ちゃった!
寒かったけど楽しかった~~~~!

PC120048.jpg

そして初体験は、その後の飲み会で起こった!
飲もう!ということになり、スカイツリーに隣接するワタービルの30階のビアホールに入る。
いろいろ食べ物を頼んだ。
シーフードマリネを一口食べて思った。(ここはエスニックレストランではない)
「あっ!パクチー入ってる!!」
私は食べられない口だったはずなのに~・・・
最後まで「おいしい♪」と食べきった!!(マジ)
これが50歳を過ぎての初体験。
味覚が変わるってあるのねー☆
昨年末に拝見した本格的なバレエの舞台。
熊川哲也さんが率いるバレエ団のクリスマス公演。
この季節に相応しい演目。

何年振り?のKーバレエだろう??
クリスマスイヴイヴということもあり、劇場は親子連れが多かったですね~。
この劇団の特徴としては着ぐるみを着て踊る演目がある、ということ。
視野が取れなくて大変なはずなのに、素晴らしいパフォーマンス!

当然ですが、衣装&舞台装置も観劇する物ばかり♪
堪能させて頂きましたー☆

PC230053.jpg
三ヶ月連続の仮名手本忠臣蔵のラストの月でございます。
今月の主役は、松本幸四郎丈♪
八段目から十一段目までを拝見。

八段目は舞踊で「道行旅路の嫁入」。
この場面は義理の母と嫁が、許婚の所に向かう場面。
演じたのは魁春さんと児太郎さんの二人。
児太郎さん、頑張れ~!という感じでした。

九段目の「山科閑居の場」の見どころは、八段目で登場した二人が絡み~のの場面。
許婚の家に着いて起こる出来事が凄すぎ!って場面。
幸四郎さんの加古川本蔵はもちろんですが~・・・
個人的には笑也さんの、お石が心に残っております。

十段目「天川屋義兵内の場」。
個人的には好きな場面。
本筋では無い話だけど、義兵の男気が感じられるから♪
今回の義兵は歌六さん♪
ステキでしたー☆

十一段目は、皆様ご存知の討ち入り場面!
いろいろあるけど、日本人が好きな終わり方よねー。
ここで記憶に残っているのは、大星力弥を演じた米吉さん。
普段は女形で可愛らしい若い女性を演じる方が力弥っていう前髪侍は好物♪(笑)でしたー☆

PC220051.jpg

PC220052.jpg
日本、シンガポールインドネシア国際共同制作。

すっごく不思議な舞台。
三か国語が入り混じり~
文楽みたいに字幕が英語とインドネシア語で表示される。
それを、シェークスピア原作の「リチャード三世」を脚色しての上演。

作:野田 秀樹
演出:オン・ケンセン

最初は戸惑い。
そして慣れてきたら頭に入ってきた。
でもね~、でもね~。。。。
オバチャンには難しかった!(スマン!)
一歩も二歩も先を行く舞台だったんだと思う。
ただただ記憶に残っているのは、シンガポール出身の女優さんの英語が聞き取りやすかったこと。
本当に私には、字幕よりも耳に先に入りました。
そして、この舞台のチケットを取った理由は、歌舞伎役者の中村壱太郎さんが出るから。
彼の女形としての演技はステキだったと思いますー☆

PC010044.jpg

2017.03.20 Hiroto's show vol.5
さてさて、ようやく昨年の12月の公演感想までたどり着きました(汗)。
この日は、元トロバレエで踊っていらした名取寛人さんが主催する舞台。
楽しみに拝見しました♪。

演目は12月に相応しく、くるみ割り人形。
日本人にも馴染み深い演目です。

第一部は、彼が主催しているバレエスクールの方達の発表会の形式。
第二部は、海外からも招聘したソリストの舞台!

本当に楽しかったし、往年の?トロを知っている自分としては堪能させて頂きました♪
これが来年の3月に、また観られるかも?という噂を耳にしておりますのー☆

PC110045.jpg
2017.03.19 ヘンリー四世
原作:W・シェイクスピア
翻訳:小田島 雄志
演出:鵜山 仁

昨年は何故だかシェイクスピアの作品を観た年だな~と思っております。
この舞台は、丁寧にヘンリー四世の舞台を描くために二部編成で上演。
私は、さすがに同日の昼夜の通しで観る体力は無かったので、別日で拝見。

いやぁ~~~~~!
観て良かった♪
要のジョン・フォールスッタフ役の佐藤B作さんが、素晴らしかった!!
惜しむらくは・・・
拝見した日は、声が潰れていらして聞き取り辛かったことでしょうか。
それでも、あのノラクラ者を見事に表現していらっしゃいましたー☆

PB290043.jpg
作:フロリアン・ゼレール
訳:中村 まり子
演出:堤 泰之

すっごく記憶に残ってる舞台。
たった7人しか出てこないけど、ハラハラドキドキさせられて~・・・
という感じ。
会話劇。
なので下手な役者は無理。
さすがの加藤健一事務所!
ゲストを迎えても素晴らしい仕上がり♪

楽しかったー!!
そして、どの役者さんも素晴らしかった!!!

内容は、浮気夫のどうしようもない話なんだけどねー☆

PB280042.jpg


さて、年末の国立劇場の歌舞伎は三ヶ月通しで仮名手本忠臣蔵の上演。
十一月は先月の続きでございます。

今月は五段目の前に浄瑠璃で「道行旅路の花聟」の舞踏がありました。
これは、おかる&勘平が、おかるの実家がある山崎に手と手を取って落ち延びる場面を踊ったもの。
勘平が錦之助さん、おかるが菊之助さんの美男美女♪
目の保養になりましたー☆

そして五段目から七段目まで通しで拝見。
先月とは役者も入れ替わって違う感覚で楽しめました。
やっぱり楽しみは六段目と七段目でしょうか?
歌舞伎では、その場面だけ何度も上演されていますから。
六段目の勘平は菊五郎丈。
もう何十回?もやっていらっしゃるお役かと。
間合いも心地よくたっぷりと拝見しました♪

七段目の大星由良之助は吉右衛門さん。
遊女おかるは雀右衛門さん。
雀右衛門さんの、おかるはカワイイ~♡
小柄でいらっしゃるのもあるけど、声も可愛らしい。
おかるの兄役の平岡平右衛門役の又五郎さんがピッタリ!と思ってしまった舞台でしたー☆

PB250039.jpg

PB250040.jpg PB250041.jpg
この日は、仮名手本忠臣蔵にちなんだ特別のお弁当を食堂で予約して頂きました♪
近所の認可保育園の先生の言葉に耳を疑った!
理由は。。。
梅が満開の木を見て言い放った。
「桜が咲いてるねー♪これは、桜だよぉ~♪」
お隣のお庭の梅の木が、満開です。
でもさぁ~~~~・・・
梅と桜ぐらい見分けろよっ!!
こうやって、間違った認識が子供に刷り込まれるという瞬間を確認(涙)。
昨年の十月の歌舞伎座は八代目中村芝翫襲名披露興行の幕開けで御座いました。
何と言っても三人のご子息も同時襲名という事もあり、華やかなこと♪
私としては口上がある夜の部を拝見。

演目は~
「元禄忠臣蔵」「口上」「盛綱陣屋」「芝翫奴」の四幕。

まずは「元禄忠臣蔵」。
その中から今回の上演は、御浜御殿綱豊卿の場。
もう個人的には仁左衛門さん「カッコイイ~い♪!」しか御座いません!!
これが本当に現存する浜離宮で・・・・あったのなら~。(無かったことは知ってる)
けど、妄想するのは楽しいですー。

次は「口上」。
これが見たくて夜の部のチケットを取りました♪
幹部連中の口上は、彼らの子供の頃からの逸話?も聞けて楽しいこと!
頑張って取ったかいがありましたー!

そして、待ってましたの「盛綱陣屋」。
これは、今回襲名された芝翫さんの見せ場の舞台。
お話としては楽しくはないけど、立役の芝翫さんにはピッタリのお話かと。
頑張っていらっしゃったと思います(←偉そうでゴメンなさい)

最後は舞踊の「芝翫奴」。
これは今回襲名された三人のご子息のための舞踊。
舞台は江戸時代の吉原。
華やかな雰囲気に包まれる舞踊でしたー☆

PA240020.jpg PA240021.jpg

過日の手習いの日、初めて知った隠語。
「G」日本語発音は、「ジー」です。
今どきは、ゴキ〇リのことを指すと!!
私だけが知らなかった今どきの表現(マジ)。
そこから思ったのは、、、、
私、やっぱババア~~~~~~~☆
原作:柳田 国男
構成、脚本、演出:前川 知大

この舞台を観ようと思った理由。
遠野物語を舞台化したら、どうなるんだろう?
でした。
演出の前川さんの舞台は何度か拝見。
今回の作品は~?。。。

何だろう??
うまく言えないけど、柳田国男の世界観が「有り」ではなかったでしょうか?
このお話は現実なのか、夢なのか、というハザマの表現とでも申しjましょうか・・・
日本の迷信と言われる部分を描いた作品ですの。
個人的には好みの分野でございました♪

ただただ役者さん達は難しい演技で何役もあったり大変だろうな~と。
観客としては楽しませて頂きましたー☆

PB170035.jpg

2017.03.06 生け花
私には全く疎い分野。
友人は、かな~りの達人@だと思う
その人の師匠が生けたお花の展覧会が某百貨店で開催された。(他の師匠達の作品も多数あり)
彼女が師匠のお手伝いをした、と聞き拝見。

PA310023.jpg

すっげぇ~~~~!!
画像では伝わらないと思いますが~
この作品高さが1メートル以上ありますの!
大作でございます。
この様な美しい作品群を拝見出来た貴重な一日でございましたー☆
劇団スーパー!エキセントリックシアター第54回本公演

通称SETの舞台は、兎に角オバチャンとしては。。。
笑いっぱなしで皴が増えるのが気になる舞台(笑)。

今回は~
開かずに扉の奥にいる「ドクロ様」を信仰する村人達と、移動型ミュージカル劇団をめぐる物語。
毎度の如く笑わせて頂きました。

ただし・・・・
根底にあるメッセージは重たかったです。
やっぱりねー。。
原発って福島のことがあるから、「そこ」を表現したかったのねー、と思いました。

PB020025.jpg

昨年の国立劇場十月公演は、仮名手本忠臣蔵の通し狂言の始まりの月。
本当の通しは、現在は滅多に拝見出来ません。
三か月、国立劇場に通うぞっ!と思って取ったチケットです。

今月は。。。
順番に初段から四段目まで。
いつもは二段目は上演されませんから、しっかりと拝見。
やっぱり、通しっていいですね~♪
筋道が解って、何故あの事柄が起こるのか?!という詳細を教えてくれます。
今月の主役の大星由良之助は、松本幸四郎さん。
重厚で満足でございましたー☆

PA260022.jpg
2017.03.02 義母の白内障
過日、泣かれて難儀した義母を連れて病院に行った。
評判の病院とは承知して行ったが・・・
さすがに朝9時に行って、終わりが午後4時は驚いた!!
知っていれば、飲み物食べ物持参したのだが~~~@後の祭り
でも、行って良かった♪
本当に評判の理由も分かり、義母が手術をすんなり受け入れた(安堵)。
後は、その日まで本人が無事に生きていてくれることだけ。(85歳)
嫁なのに、何故か本当に安心して今夜眠れる、と思った日。(マジ)
さて、昨年の十月の歌舞伎座は中村芝翫襲名披露公演でございました。
お父上が亡くなられてから五年ほど。
少し早い気も致しましたが、それは素人が勝手に思うこと。

演目は。
「外郎売」「口上」「熊谷陣屋」「藤娘」の四幕。

まずは「外郎売」。
歌舞伎十八番の内ですね。
何度も拝見しております。
今回の外郎売は尾上松緑さん。
この演目は、とあるお薬を飲んだら早口で喋ることが出来るという効能をうたっているもの。
で、それを飲んだ後の早口が見せ場。
松緑さんブラボー!でございました。

「口上」は、独特ですね。
幹部役者(主に親戚筋)の方達が襲名する役者との思いで等を述べる場、です。
クスッと笑ったのは梅玉さんの口上でしょうか・・・
煙草を辞めるように言う若手がウザかったのね~(笑)

「熊谷陣屋」は一谷嫩軍記から。
何度も拝見しているお芝居。
首実検の場面は見せ場って解ってるけど好きじゃないわ~。
だってねぇ。。。。。
主君のため義理人情のためとはいえ、現代に育った自分は辛いわよ。
だって自分の子供が殺されるっていうお話なんだから。
でも、見るんだけどね。

最後は玉三郎さんの「藤娘」の舞踊。
前の舞台のお口直しではないけど、60歳を超えても美しい彼の藤娘でご機嫌で帰宅♪

襲名に相応しい重厚な内容の舞台でございましたー☆

PA240019.jpg
PA240021.jpg
PA240018.jpg

同時襲名された三人の息子さん、橋之助さん、福之助さん、歌之助さんの演技も、もちろん素晴らしかったことは言うまでもありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。