ニール・サイモンの有名な戯曲。
彼はアメリカ商業演劇のコメディにおける重鎮。
その作品を鐘下辰男さんが演出すると知り急遽取ったチケット。
ニール・サイモンの対極?に位置する演出家だと私は認識していたから。
「鐘下さんがコメディ?!」
心の中で「ありえな~い!」と叫んでいました。

内容は第二次世界大戦における陸軍体験。
今風?に書くと「ブートキャンプ」なわけです(ビリーは出てこないけど。笑)
何処の国でも、ご多分に漏れず「多々のいじめ&差別」はあるわけで・・
内容が新兵いじめだったり~
人種差別だったり~
宗教差別だったり~
と、戦争というものが誰にとっても過酷&人間性を奪うもの、という背景。
その中で主人公が三つの夢を掲げて、どういう形であれ自己実現させてしまうお話。

ただただ笑って終わらせないのが鐘下演出。
心の中に一つ「各々何か思う事」を残す演出家だなぁ~と感じました☆

P3140060.jpg




Secret