2009.06.20 盟三五大切
花組芝居、二回目のヌーベル物。
原作は歌舞伎でお馴染み、鶴屋南北。
それを花組芝居が新しく料理して見せるっていうんですから~
見ないわけには参りません♪

感想は・・
原作を知っていたので、戸惑いませんでしたが~
何も知らずにこの舞台を観てしまったら「??」だと思います。
いつもならネオ歌舞伎と称して、ソレ風に衣装&舞台設定をする劇団です。
今回はヌーベルを銘打ったこともあり~
どちらも現代劇風。
ただし、セリフが古典風に放たれますので、この違和感をどう感じるか。。
さすがに最初の場面転換には付いていけなかった私。
お通夜の部屋の片隅が、いきなり大川を渡る船の場面かい?!みたいな(苦笑)。
慣れてしまえば、屏風を使っての場面変えかと合点がゆく様になりました。
座長様、冒険をされたなぁとの感が高し。

P6130005.jpg
Secret