原作:オスカー・ワイルド
演出:鈴木勝秀

耽美主義の寵児と謳われたオスカー・ワイルドらしい戯曲。
私自身は~
この世界とは程遠い現実を毎日鏡越しに見て生きているので(笑)・・
耽美主義者達の思想&行動は一種の「ナルシスト現象?」と感じてしまいました。
台詞回しが私の苦手なタイプで、初っ端から眠気が到来!(爆)
それでも贔屓の劇団の座長様ががんばってらっしゃるので何とか踏ん張る!
いかにも古き良き英国調の雰囲気&言葉の引用。
そういう意味では下手な役者さんだと間が持たないですね。

美しく老いるとは?
この問いかけに対する答えを模索する舞台だったと感じております。

P9150003.jpg

Secret