天候がよくない日が続くとお世話になるのがコインランドリー。
乾かないと困ってしまうので。
徒歩5分の所にある銭湯に赴きます。(下町なので銭湯が健在)
ちょうどその日は15時5分前に乾燥機の終了時間だったためスタンバイ。
すると銭湯利用者の方達が続々と入り口横のコインランドリーに集まってくる。
(銭湯のOPENが15時だから)
普段見慣れない光景。
聞くとはなしに耳に入ってきた会話。
A:「今日は○○さん来るかねぇ?」
B:「金曜日に会ったよ。あの人は週に2日しか来ないよ。」
A:「○○さん来るといいねぇ」
B:「だから2日しか来ないから今日は来ないんじゃない?」
A:「○○さん来るかねぇ?」
B:「・・・・・週に2日しか来ないんだよ」
お年寄り二人の会話。
馴染みの人のことを言ってるのだが、年齢の高い方の人は他人の話に耳を傾けない。
自分の言いたいことだけ言って進んでゆく会話(?)。
ちょっとドキッっとした。
自分の親も同じような会話の進行になっているから。
そのうち、自分もそうなるんだろうなぁって思いながら~
銭湯友達ってのも悪くないかもと思った下町の15時でした☆
Secret