2010.11.08 どろんどろん
どろんどろん、副題「裏版四谷怪談」
劇団民芸の舞台。
由緒ある民芸の舞台、実は初めてだったりする。
そして今回は歌舞伎好きには好物の話の内容。
江戸時代から続く、歌舞伎の大道具方の長谷川家が題材。
どろんどろんとは、お化けが出てくる時の擬態語。
四谷怪談でお岩様が「恨めしや~」と出てくる時のソレである。
長谷川家がどうやって四谷怪談の仕掛けをこしらえたか、を舞台化。
もちろんフィクションが混じっているのだが、面白くて仕方が無い。
名優、大滝秀治の芝居はこころから「凄い!」と思ってしまう。
再演を希望してしまう舞台でした☆

PB060001.jpg
Secret