2010.11.18 花たち女たち
花組芝居の本公演。
大好きな劇団です。
今回は有吉佐和子原作の「芝桜」&「木瓜の花」を題材にしての上演。
正子と蔦代という対照的な個性の二人の女性の半生のお話。
過去には劇団新派で演じられたもの。
その時の主役二人は水谷八重子&波野九里子という豪華配役。
花組芝居では女形大会のような華やかさでした♪
舞台となったのは戦前の花街。
そこで雛妓(お酌)としてお座敷に出た二人がやがて時代に翻弄されそれぞれの道を歩む、というもの。
二人の性格は蔦代はちゃっかり者、正子は生真面目。
どちらも波乱万丈の生き様。
パンフに書いてあるとおり
「仲良しなのかライバルなのか」という間柄。
私自身は計算高い蔦代さんは友達に持ちたくないタイプ。
でも世の中の男性から見たら、生真面目すぎる正子の方が面倒くさいかも・・(笑)

今回はWキャストで「恋組み」「花組み」と二通りの組み合わせが楽しめる舞台。
もちろん、どちらも拝見しました♪
勝手に、「私だったらこの役は○○さん」などとプロデューサーの気分で配役してみたり。
DVDが発売になったら買ってしまいそうー☆

PB160021.jpg

Secret