2011.01.30 初春大歌舞伎
新橋演舞場にて大歌舞伎を拝見。
初春らしい演目が並びました。
今回は昼の部を拝見。
「御摂勧進帳」「妹背山婦女庭訓」「寿曽我対面」の3作品。
まずは御摂勧進帳。
今月は芋洗い勧進帳と呼ばれる五幕目の「安宅の関の場」。
豪快で古風な江戸荒事の雰囲気がタップリのお芝居。
弁慶役の橋之助さんの凛々しいこと!
最後の芋洗いと呼ばれる場面はちょっと可笑し味があったり・・・
絶対にありえない事だけれど、こういうのが歌舞伎の面白みですよね(笑)

次は妹背山婦女庭訓。
求女役が芝翫さんであることを期待していましたが残念ながら体調不良で橋之助さんが代役。
早く復帰されることを祈ります。
団十郎さんの鱶七は荒事の家柄らしく豪快そのもの。
お三輪役の福助さんは官女達に虐められまくり!
最後の結末は「マジで?!」という真相が明かされるという、これまた歌舞伎らしいお話。

最後は寿曽我体面。
曽我兄弟の仇討ちのお話は有名ですよね。
今回はそのお話の集大成のような歌舞伎らしい初春の演出が見られる舞台。
敵役の吉右衛門さんはどっしりと貫禄充分な趣。
五郎役の三津五郎さんは荒事、十郎役の梅玉さんは和事の雰囲気をきちんと伝えてくださる演技。
お正月らしい色彩美溢れる舞台でした。

P1270006.jpg


そしてお昼はリベンジのおでん定食。
P1260003.jpg
冬季限定なので食べたかったの~☆

Secret