2011.07.05
作:井上ひさし
演出:栗山民也


台詞が山形弁。
最初は何喋ってるんだか全然理解できない!
これがまた原作者の狙いだったりするわけで・・・・
主人公が江戸で金物拾いをしていたが、外見がソックリだということで山形の紅花問屋の当主になりすます。
しかし成りすまそうとして逆に、仕掛けられていた罠に嵌められてしまうお話。
井上作品らしく、大どんでん返しが待っている。
それにしても主役の亀治郎さんの江戸弁の流暢なこと。
歌舞伎役者だから仕方が無いんだろうけど、金物拾いって感じには聞こえてこない(笑)
裃に袴姿も一番似合ってたり~♪
なかなか、役の中のこととはいえ、他人に成りすますっていうのは無理があるなぁと思うことしきり。


P6280004.jpg

Secret