トム・プロジェクト プロデュース

作:水谷龍二
演出:高瀬久男

竹下景子演じる専業主婦が、実生活に見切りをつけて旅一座に足を踏み入れるお話。
現実には無さそうだけど・・・
実は「あり」って事実を知っているだけに舞台を見ながら思ったことは唯一つ。
「話が甘いなぁ~」
現実はもっと厳しいし、残酷だ。
それでも専業主婦だった主人公が必死で旅一座の座員となり、初舞台までを頑張る姿は初々しい。
原作者の言葉を借りれば「長谷川伸の創りだした潔くない人達を書いてみた」という舞台。
ごもっとも、ごもっとも(笑)
愚図愚図した奴らが出揃う。
そして愚図愚図と生きている。
振り返れば自分も同じ穴のムジナか??

最後の終わり方が斬新な舞台だった、と書き記しておきますー☆

PA060002.jpg



余談。。
この日は最前列のお席でした。
何故だかあたしの目は竹下さんの靴下を凝視!(笑)
何気ない靴下なんだけど、ちゃんと進行上、日付が変わると靴下も履き替えて登場(当たり前)
ワンポイントの刺繍があってさりげなくカワイイ。
そして気づいた。
私の足との大きな違いを。
細いのは「もちろん」だけど、虫刺されの痕が無いってこと(さすが!)
やっぱ違うわ~~~~~。
Secret