十月の花形歌舞伎は夜の部を拝見。
演目は、通し狂言「當世流小栗判官」。
澤瀉屋総出演の舞台。
通し狂言のいいところは物語全体が見られるところ。
スッキリした気分で帰宅できます(笑)
照手姫役の笑也さんは本当に美しい&美声なので赤姫様がお似合い。
もちろん好物でございます♪
そして猿之助さん演出らしい宙乗りも披露。
亀治郎さんの小栗判官とお駒の早替りも見もの。
拝見したのが千秋楽だったので、役者さんもリラックス。
獅童さんが花道をはける時の音楽にCMで使用している「細マッチョ」を流した!
踊りもCMの通りのサービス。
会場内バカウケ!!
花道真ん中辺りで急に世間話を始めて
「舞台の真ん中に居る、悪い奴をやってる役者さんいるでしょ?
 (市川右近さんのこと)
 あの人、本当は凄くいい人なんですよ~。
 僕が小学生の時にTDLに連れて行ってくれた人なんですから。」
こんな話が聞けちゃうのも楽しかった。
そして大歌舞伎では異例のカーテンコールがあった。
楽しい舞台観劇となりましたー☆

PA260001.jpg
幕間のお弁当はちらし寿司



そして駅に向かう途中、建設中の歌舞伎座をパチリ
PA260002.jpg
基礎工事が終わり、ニョキニョキ柱が立ち始めましたよー。
Secret