さて今月は珍しく昼の部、夜の部とも日にちを変えて拝見。
昼の部は初日に拝見し感想は既にUP。
今回は夜の部の感想を。

演目は「外郎売」「京鹿子娘道成寺」「髪結新三」。
まずは「外郎売」。
これは歌舞伎十八番の内の演目。
今回、有名な長台詞を言う曽我五郎時到の役を尾上松緑さんが演じます。
個人的に松緑さんのよく通る声が好き♪
この日も滑舌よく例の台詞を語る。
成田屋のお家芸だけど音羽屋の外郎売もいいなぁって思いました。

次は「京鹿子娘道成寺」。
これは1時間にも及ぶ舞踏。
菊之助さんの美しい白拍子花子を拝見。
美しいだけで充分なのに踊りに引き込まれること!
後見の方との息もピッタリで衣装の引き抜きも途切れることなくスムーズ。
長い舞踊は途中寝てしまうことの多い私(自爆)
この日は、彼の美しさのおかげか堪能させて頂きました♪

最後は「髪結新三」。
何度も拝見している演目。
主人公の新三って、すご~く嫌な奴なの。
人を騙すのなんて平気の平左。
女と金に目が無い男。
でも菊五郎さんが演じるとリアリティを感じた!
女を誑かし、長屋に戻ってきてからの大家とのやりとりも絶妙。
大家役の三津五郎さんも「やり手爺」っていうのがプンプン(笑)
久しぶりに大満足のお芝居を拝見ー☆

PB250004.jpg

Secret