美しい玉三郎さんを拝見。
今月の演目は「妹背山婦女庭訓」の中から、道行恋苧環と三笠山御殿。
四段目の二幕を上演。

「道行~」は舞踊。
一人の男性を巡って、二人の女性が横恋慕しあう三角関係の踊り。

「三笠山~」はここだけ演じられることが多い場面。
玉三郎さんが演じるお三輪は、切なくて悲恋のうちに死んでしまう役。
昨年、福助さんが演じたお三輪を見て「不条理だ~!」と思いながら拝見したことを思い出した。
玉三郎さんのお三輪は、私には感情の起伏が分かりやすく伝わってきた。
「あっ!今、恋焦がれすぎて狂い始めた!!」
還暦を過ぎてらっしゃるのに、十代の乙女にちゃんと見えちゃうし。
三島由紀夫さんが絶賛したっていうのが分かる気がしました。

P1190010.jpg
玉様、直筆の色紙。


エレベーターのドアが開くと、玉様の美しい写真がお出迎え。
P1190011.jpg




Secret