作:R.L.スティーブンソン
演出:山田 和也

出演者が全て変わっての再演。
数年前に鹿賀バージョンを拝見。
今回の主役は石丸幹二さん。
どんなジキル&ハイドになるか楽しみ~~♪

さすがの歌声でございました。
低音域の声は好きかも♪
どなたも知っている人間の二面性を描いたお話。
ダークな部分が膨張していって、抑制が効かなくなっていく緊迫感が伝わります。
ハイドが怖いのは自分の行っていることは、悪く、過ちを犯しているという認識がない事。
ある意味「自由」ってことか?
でもね。
やっぱり理性がなくなるってのは辛いですよ。

P3270026.jpg
Secret