上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四月の新橋演舞場は花形歌舞伎。
ようするに若手中心の座組みってこと。
そして昼夜通しで仮名手本忠臣蔵の上演。
だったら昼夜観るしかないでしょうーってことで日にちを変えて(さすがに1日ぶっ通しで昼の部&夜の部を観る体力はありまへん)両方とも拝見。

いや~若いっ!(笑)
高師直の松緑さんを観て、先代松緑さんを思い出してしまいました。
塩治判官の菊之助さんは涼しげ。
さすがだなぁって思ったのは福助さんのおかる。
もう花形歌舞伎にお出ましになる方ではないけれど、場が引き締まりますね。
そして何度も演じている役なので観ていて安定感があって、尚且つ美しい♪
あと20年もしたら全員が歌舞伎界の重鎮となるんだろうなぁ~と思いながら拝見しました。

それにしても年末でもないのに忠臣蔵ってのは、どうなのよ?(笑)


P4200004.jpg
今月は特別メニューで「討ち入り蕎麦」が登場。
海苔とトロロで巴模様になっているのが、分かりますぅ?
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。