上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.03 六月大歌舞伎
六月の新橋演舞場は怒涛の襲名披露公演。
目玉は何といっても香川照之さんが歌舞伎役者としてデビューする初舞台。
公演当初からチケット入手困難な今月。
なんとか手に入れて昼の部を拝見。

澤瀉屋総出演の今月。
昼の部の演目は「小栗栖の長兵衛」「口上」「義経千本桜」の3本。
まずは「小栗栖の長兵衛」。
初見です。
新歌舞伎なので、イヤホンガイドは要らないかも?なお話。
香川照之さん改め市川中車さん、ご立派な初舞台だったと拝見しました。
古典ではないので演技もある程度、自由かと。
主人公の長兵衛は無法者。親類縁者&村人にまで嫌われているという設定。
でも、とある事件をきっかけに人々が彼を誉めそやすという人間の愚かさを描いたもの。
唯一つ、惜しかったのは中車さん、月末に近かったせいか声が潰れ気味。
どうぞ、歌舞伎役者としての喉を鍛えてくださいませ。

「口上」では・・・
どちら様も珍しく律儀なご挨拶が続きましたね。
終盤ともなると多少は面白くなるのが常ですが・・・・

最後は「義経千本桜」。
今回は猿之助襲名ですから、叔父様の形に準えての狐忠信。
いつも騙されて?(笑)しまうのは
「出るよ~!」
の声で花道の揚幕のチャリンという音の方を見てしまう自分。
判りきっているのに、階段途中を見ることが出来ないの!(苦笑)
で、今回は「見たぜぃ~(スギちゃん風で)」。
美しく華々しい、狐忠信を拝見しましたー☆


P6230015.jpg
襲名幕はアノ福山さんからの贈り物!

P6230017.jpg
名前の所だけ拡大!(笑)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。