熱海五郎一座の久しぶりの公演。
それもそのはず、三宅裕司舞台復帰記念だから。
昨年8月に医師に「もう二度と舞台には立てないかも」の宣告。
その後、懸命のリハビリに努め奇跡的な復活!
今回も喜劇を存分に楽しませて頂きました♪

タイトルの通り、噺家が沢山出てくるお話。
本職の春風亭昇太師匠は噺家じゃなくて刑事役。
(ご本人は噺家の役じゃなくて喜んでいたらしい)
いつもの通りアドリブも満載。
個人的に面白い演出だと思ったのが・・・
「堀の内」という話を、東MAX→小倉久寛→ラサール石井→渡辺正行→三宅裕司でリレー形式で聞けたこと。
上手いなぁと思ったのは三宅さん。
さすが元明大落研!
あ・・・渡辺さんもだった。。。(爆)

東京喜劇、やっぱり大好きです~☆

P7010005.jpg

Secret