2012.08.28 ウサニ
原作&脚本:野島伸司
音楽:小室哲哉
演出:永山耕三

このチケットを取った理由は、脚本が野島伸司だったから。
それだけ。
拝見してビックリ!!
まず最初はメルヘン満載の場面なんだもの。
心の中で「うっそぉ~?!野島伸司の舞台テイストってこれ??」
と叫ぶ。
だって、彼のTVドラマ脚本といえば「101回目のプロポーズ」「愛という名のもとに」「ひとつ屋根の下」等々。。。(他も沢山)

タイトルのウサニは「基本的にイチゴの妖精(ウサギの人形に身体を借りる)」ならしい。
らしいっていうのは、余りにもメルメン&非現実的な設定だったため、そう感じた次第(苦笑)
でもね~~~!
主人公には哲学的な言葉を多々喋らせるんだな、これが。
舞台美術と発するセリフのギャップが凄いこと。
脇を固める役者さんも、ギャグ無し?で、普段じゃ演らない役をこなしちゃってるし~
最終的に野島氏が書きたかったのは
「愛って何?」
だったのだと思います。

もう少し、ストレートに表現出来た舞台もあったのでは??
なんて、偉そうに書いちゃいましたー☆


P8130018.jpg


Secret