十一月の明治座は猿之助さんの舞台でした。
夜の部を拝見。
演目は、通し狂言「天竺徳兵衛新噺」。
原作は鶴屋南北。
初見のお芝居でした。

一言で言ってしまえば、前、猿之助さんが好きだろうなっていう演目。
派手でお客様を楽しませるための演出がテンコ盛り!
江戸時代、実際にインドに渡った天竺徳兵衛を脚色して異国の謀反人として描いた作品。
歌舞伎ってある意味イリュージョンなので、そういう演出が楽しめる舞台でした。
個人的には・・・
新猿之助さんの女形が観たかったりするんですけどねー☆

この日のお弁当は、11月限定っていう言葉に釣られて購入。
PB220007.jpg


今頃書いてそうすんねん!だけど・・・
このお芝居は本当に楽しかった&猿之助丈を楽しむための要素がステキでした♪
また観たくなる、演出でしたよ!!

PB220006.jpg
Secret