十二月は久しぶりに文楽を拝見。
演目は「苅萱桑門筑紫いえづと」「傾城恋飛脚」の2本。

まずは「苅萱桑門筑紫いえづと」。
守宮酒の段、高野山の段を上演。
この公演で残念だったのが、一番好きな大夫の竹本千歳大夫さんが病欠だったこと。
最近、古典芸能の大御所の方たちが休演なさることが多くて、ちょっと心配。
このお話は、筑紫の国の大名が正室と妾の愛執の凄まじさにウンザリ?して、世を儚んで出家するところから始まります。
殿様が不在となり、混迷する筑紫の国。
そこに罠で貞操を失ってしまう娘と優男の悲恋が絡んで物語りは進むんだけど・・・
実際にこんなことで貞操を失ったら、現代なら裁判沙汰だわ~と思いながら拝見。
架空のお話だし、面白くして庶民が楽しめればいいっていうのが伝わってきます。
最後は出家した殿様が息子に出会うシーンでは戒めのため名乗ることができない葛藤。
ちょっと切ない幕切れとなります。

そして「傾城恋飛脚」。
これは歌舞伎でも何度も拝見しています。
実際に大阪で起こった事件を基にして書かれた芝居。
傾城と駆け落ちする、道行といわれるもの。
何度も再演される、新口村の段のみの上演。
文楽が好きなのは、お人形さんが実際に人間みたいに見えちゃうところ。
そして大夫のセリフに聞き入ってしまうところ。
今回も楽しませて戴きましたー☆


PC140003.jpg
表紙は優男と貞操を失った娘やね。

そして国立劇場の小劇場で初めて食堂を利用してみました。
寒い日だったので温かいラーメンをチョイス。
PC130002.jpg
予約しなくてよくて、並ばないってのはいいわね。
Secret