十二月の新橋演舞場は大歌舞伎でした。
昼の部を拝見。
通し狂言「御摂勧進帳」。
一幕目は「暫」、二幕目は「色手綱恋の関札」、三幕目は「芋洗い勧進帳」。
どの幕も有名で、何度か拝見しています。

「暫」は市川宗家の成田屋が演じる時と少し趣向が違ったように思います。
是明君に供奉する四人がこのお芝居では公家達。
顔の隈取がいかにも「アホですねん~」と分かるようになってる(笑)
ちょっとコミカルな四人組を演出。
二幕目は道行形式の舞踊劇。
菊之助さんの義経が美しい~♪
三幕目の「芋洗い勧進帳」は武蔵坊弁慶が大活躍するお話。
いかに強力とはいえ、人の首を芋に見立てて巨大な桶で洗うっていう奇抜な演出。
三津五郎さん大活躍でしたー☆

PC210009.jpg
演舞場、正面入口に掲げてある鳥居派の絵師が描いた今月の演目

PC210010.jpg
この日のお弁当@べん松

Secret