作&演出:三谷 幸喜

この作品は、天才ピアニストといわれたホロヴィッツと専属調律師だったフランツ・モアとの実話を基にした戯曲。
この舞台を観ようと思ったのは、渡辺謙さんの生の舞台が観たかったから。
映画やTVでは有名な方。
舞台はどうなんだろう?という興味が先行しました。

いや~良かった!
そして、妻役の和久井映見さんにも新しい発見。
彼女の舞台も初見でした。
映像と一番違ったのは・・・・
発声。
舞台の為に声を作ったと思われ、普段聞きなれている声よりも高くてビックリ!

ホロヴィッツ夫妻の名誉?のために書いておくけど~
実際は、あんなに神経質で不躾で高飛車な方達ではないってこと(笑)。

座組みを変えて、また拝見したいなぁと思った舞台でしたー☆


P3070001.jpg

Secret