さて三月の演舞場は夜の部を拝見。
演目は「一條大蔵譚」「二人椀久」。

まずは一條大蔵譚。
その中から今回は「檜垣」と「奥殿」の二場の上演。
何といっても主人公の大蔵卿の作り阿呆の演技でしょう。
この大役を今回は染五郎丈が演じていらっしゃいました。
わたしが以前拝見したのは叔父に当たる吉右衛門さんが演じたとき。
何とも、何ともおバカに見えること!(笑)
今回の染五郎丈も、なかなかのバカっぷり?(笑)であったかと♪
難しいお役をこなしていらっしゃいました。

「二人椀久」。
こちらは舞踊。
もうね~~~~~♪
美男美女の組合せでございますよ。
染五郎&菊之助で男女の舞。
しかも夢の中?とはいえ、好きあっている男女の舞。
いや~、ご飯の後の踊りっていつもなら眠くなるのに、美しすぎて眠気が襲ってこなかった!(マジ)


明るい時に写した新歌舞伎座。
P3220010.jpg


そして芝居が終わった後、帰り掛けに写した歌舞伎座。
P3220012.jpg

夜の方がキレイか?
Secret