三月の公演は「隅田川花御所染」の通し狂言。
福助さんが大役の女清玄を勤められました。

最初は、それはそれは美しい赤姫様の拵えの花子の前。
ご子息の児太郎君が妹の桜姫役、こちらも大役。
児太郎君の赤姫の役は始めて拝見。
そしてご本人も最初から最後までお姫様の役は初役とのこと。
このお話、最後は切なくて悲しいのよね。
尼さんになっても煩悩に悩まされ、挙句の果てに殺されちゃう。
今回の演出で
「え~っ!?」
って思ったのは、両方の指を切り落とされる場面。
だって。。。。
あの蛇の登場の仕方はイリュージョンでしょう?(笑)
思わず声が出ちゃったもの。
とにかく福助さん大活躍で堪能させて頂きました☆

P3260001.jpg P3260002.jpg


お昼はお野菜沢山のランチを戴きました♪
P3260004.jpg

Secret