2013.05.26 五月大歌舞伎
今月の歌舞伎座も3部構成。
杮茸落とし公演は、まだまだ続きます。
今月も第一部を拝見。
演目は「鶴亀」「寺子屋」「三人吉三巴白浪」。

まずはお目出度い舞踊の「鶴亀」。
謡曲をそのまま長唄にした画期的な作品。
後に謡曲を長唄にした作品が数多く作られるきっかけになったとか。
ご祝儀舞踊といわれる格調高い踊り。
皇帝役の梅玉さん、お品があって皇帝にピッタリ。
寿ぎっていう言葉が思い浮かぶ舞踊でした。

次は「寺子屋」。
何度拝見しても、我が子を身代わりにする場面は切ない。
今回は武部源蔵を三津五郎さん、戸浪を福助さん、松王丸を幸四郎さん、千代を魁春さん。
最近、千代の福助さんが多かったので魁春さんの悲しみを押し殺した演技も好き♪
泣いているお客様も多々でした。

最後は「三人吉三巴白浪」。
今回は大川端庚申塚の場のみの上演。
ってことは最初に三人が出会う場面のみ。
夜鷹が理不尽に殺されちゃうところは、いつも「いいの?いいの?」って思ってみたり。
菊五郎丈のお嬢吉三は凄みがありましたよ~☆

正面に出ているのは演目を描いた看板。
P5140031.jpg


この日のお弁当。
P5140030.jpg
鴨肉が美味だったわ~♪


さてこの日は、観劇の後、屋上庭園を拝見しに行きました。
その模様はまた明日ー☆

Secret