原作:W.シェイクスピア
演出;蜷川幸雄

さてさて、蜷川演出でのヴェニスの商人です。
しかも主演は市川猿之助丈。
これだけで、チケットを取りました。
はるばる(都内から行くと、こういう表現になるぐらい遠い)彩の国劇術劇場まで足を運びました。

P9110013.jpg
劇場入口の大看板

よく知っている戯曲。
座組みが面白そうで拝見。
以前とは違う感覚を覚える。
ただし・・・
ユダヤ人に対する非情なまでの差別は、前回拝見した外国人演出家の方が鋭かったように感じる。
私達日本人は、人種差別に慣れていないと思っている。
うまく表現できないけど、島国なので基本的に同一民族が圧倒的に在籍。
そうでない人種側のお話は、演出が上手くないと感じることが多々。
今回もそう。
とても難しい題材。
そして、それに挑戦している蜷川さんにブラボー&主演の猿之助丈には「嫌な奴がステキ」でした。
Secret