十一月の国立劇場は、通し狂言「伊賀越道中双六」でした。
この演目は十月に同じ国立劇場で文楽でも拝見。
二ヶ月に渡り文楽と歌舞伎で同じ出し物というのも珍しいこと。
両方見た方には粗品プレゼントがありました。
コレを頂きましたよ♪
PB260038.jpg
タイトルにちなんで双六!

お話は先月同様、実際にあった荒木又右衛門の仇討ちのお話を芝居仕立てにしたもの。
歌舞伎では実名は使用できませんし、時代も少しずらして演じられるきまりがあります。
荒木又右衛門は芝居では唐木政右衛門となります。
当月はこの剣豪役を中村橋之助さんが清清しく演じていらっしゃいました。
坂田藤十郎さんの呉服屋十兵衛は上方のはんなりした感じが出ていて、流石だなぁと感心しきり。
それにしても仇討ちって追う方も追われる方も大変だな~。。。。。

PB260037.jpg
Secret