2014.03.06 マクベス
はい、皆様ご存知のマクベスです。
昨年のクリスマスイヴに「一人で」拝見!(笑)
観劇後の渋谷は恋人達と思しき?人達で溢れかえっていた記憶があります。

原作:W・シェイクスピア
翻訳:松岡 和子
演出:長塚 圭史

さてさてマクベス。
長塚さんが、どのように演出なさるのだろう?という興味だけでチケットを取りました。
場所がシアターコクーン。
やってくれましたよ、360度開放型舞台。
私自身は、例の「森が動く」とういう表現が、余りにも斬新で目が覚めました!!
そして舞台装置も工夫が沢山!
全方向型の舞台って難しいだろうなぁ~って思ったけど、コレなら観客が納得できるかも?!
って思ったり。

そして主演のマクベス様を演じる、堤 真一さん。
私が印象に残ったのは・・・
最後に彼を象徴するアレ(ネタバレなので具体的には書きません)が、客席を巡るときの顔・・・・。
本当に「凄い役者さん!」って、思ってしまいました。
悲哀と同時に、自分に対する哀しみとか絶望とか、等々。
この方は映像だけではなく、舞台も本当に素晴らしい、と感じました♪

PC250055.jpg



本当やったら~
クリスマスの渋谷の華やかな画像とか撮ったらよかってんけど~
ほんまに、アベック(←死語)ばっかりで撮る気になれへんかってん~(爆)
オバチャン、撃沈!
Secret