今年最初の国立劇場での歌舞伎。
ロビーは新年に相応しい飾りつけ。
P1150006.jpg P1150011.jpg


今回の演目は150年ぶりの復活上演「三千両初春駒曳」です。
音羽屋一門が主軸となってのお芝居。
菊五郎さんが、またまたカッコイイんだろうな~と思いながら拝見。
当然と言っては何ですが菊之助さんの美しい女形も好物♪
今回のお話は実録本と言われる史実に基づいて書かれた脚本。
ただし、江戸時代は実名での上演は不可能だったので時代を変え、登場人物の名前を変えての上演。
宇都宮城での将軍暗殺計画や家光の甥として生まれながらも流浪の人生を終えた松平長七郎の話が絡みます。
最後はお家再興に向かって悪を懲らしめて幕。

始まりの幕がいつもと違うのでパチリ。
P1150010.jpg
この真ん中の馬、お芝居の始まりに重要になってくるんですー。



そしてこの日は、国立劇場のマスコット「黒子ちゃん」の着ぐるみを初見!
P1150005.jpg
来年はランクアップするかな~?(笑)
Secret