国立劇場九月文楽公演。
この新作は絶対に拝見したいと思っていた。
シェイクスピアの「ヘンリー四世」の「ウィンザーの陽気な女房達より」を新作文楽としての上演だからだ。
当然、お人形もその為に新しく作られた。

うふふ♪
あのフォルスタッフが主人公だなんて、面白いに決まっている!
しかも隠し玉?として劇中にコッソリ?とシェイクスピアが登場するらしいという情報まで♪

新作文楽、楽しい~~~~~~~!!!!
そして同じ古典だからなのか?違和感無く時代背景も受け入れました。
今までも、こういう試みは何度かあったとのこと。
是非、続けて頂きたい&同作品の再演を希望ー!
それにしてもフォルスタッフって女たらしなのに憎めないのは何故??(笑)


P9230048.jpg
Secret