十一月の歌舞伎座は顔見世。
夜の部を拝見。
演目は「鈴ケ森」「勧進帳」「義経千本桜(すし屋)」の三幕。
どの演目もお馴染みです。
夜の部を取ったのは訳があって、染五郎丈が初弁慶を務めるから。
本人が子供の頃からやりたくて仕方が無かった役。

「鈴ケ森」は何といっても暗闇の中で繰り広げられる立ち廻り。
小道具を巧みに使い、歌舞伎ならではの様式美が随所に。
ちょっと有り得ない事だけど、独特の見せ場は何度拝見しても楽しくて笑みがこぼれる。

「勧進帳」は、染五郎さんに釘付け!
念願叶って、はりきってらしたわ~♪
最後の引っ込みの飛び六法も決まってました。

「義経千本桜」はすし屋の段のみの上演。
見所は権太が悪人から善人に戻るところ。
そして、何といっても寿司桶を取り違える場面。
今回は私の大好きな萬次郎さんが若葉の内侍をやっていらしたもの楽しみの一つでしたー☆


PB180005.jpg

PB180006.jpg
Secret