原作:藤沢 周
脚本:蓬莱竜太
音楽:coba
演出:行定 勲

藤沢 周のあの世界観をどのように舞台化するのか?に興味があって取ったチケット。
現代と何十年も前のブエノスアイレスが何度も交差する舞台。
何処までが現実で何処からが幻なのか分からない不思議な世界。
主人公の青年が世の中に背を向けて生きていたけど、老女との出会いで変化するのかしら?
観劇後の後味は決して悪くはなかった。


余談ですが・・・
主人公の青年をV6の森田剛さんが演じていました。
そして私の2列前の席には・・・
イノッチが!!
朝の某国営放送が終了してチームメイトの舞台を拝見しにいらしたみたいでしたー☆


PC040012.jpg
Secret