白石加代子、新企画。
「百物語」は終わりました。
でも白石加代子は続きます。
・・・・・
そして次の企画は、台本を手に持つスタイルはそのままに~
強力な共演者を得てのパフォーマンス・リーディング。

作品は二つ。
「超税金対策殺人事件」 東野圭吾:作
「妻の女友達」 小池真理子:作

まずは、東野圭吾さんの作品。
主人公はミステリー作家。
友人である税理士から来年度の支払い調書を見せられ巨額なあまり本人&妻は絶句!
こうなれば少しでも支払う税金を少なくすべく、経費を増やすことを考える。
執筆中の殺人事件の原稿が、そのためにドンドン書き換えられてゆく(大笑)
もうミステリーじゃない内容に!
最後の最後は・・・・
タイトル通り「怖~い。。。。」結末。

次は、小池真理子さんの作品。
小市民の代表のような市役所職員の夫婦。
そこに妻の女友達である流行作家が関わってくる。
妻の時間を奪ってゆく女友達。
夫としては、耐えてきたが我慢の限界が。。。
そして、こちらもタイトル通り「怖~~~い。」結末が。

私的には後者のお話の方が戦慄が走りました。
ず~っと笑っていた内容だっただけに、最後は凍りつきました。


P5110027.jpg


あっ!
最後になりましたが、リーディングパフォーマンスのパートナーは佐野史郎さんです。
個性派俳優の方なので白石さんとの絡みも違和感ありませんでした。
Secret