またまたぼ~っとしていたら、観劇日記が滞ってしまった(汗)

さて、十一月の国立劇場の大歌舞伎は、通し狂言「神霊矢口渡」でした。
これまでは、一部の部分だけの上演が多かった作品ですが、今回百年ぶりに復活させて再上演するとのこと。
ちょっと楽しみに拝見しました。

中村吉右衛門さん大活躍の舞台。
このお話も歌舞伎によくある忠義の為に我が子を犠牲にするお話。
主君のため、お家のため、昔の人はそれが当たり前だったんだろうけど不憫だわ~。
この作品の作者は福内鬼外というペンネームで、実は平賀源内のこと。
彼はマルチな人だったから歌舞伎の脚本も多数残しているんです。


PB240090.jpg
Secret