ようやく昨年の浅草歌舞伎の感想です。
夜の部を拝見。

浅草歌舞伎は「お年玉」といって役者さんたちが、ご挨拶の口上をを述べられます。
この日が、どなただったかは覚えていません(汗)
演目は「毛抜」、「義経千本桜」でした。

まずは「毛抜」。
物凄い大役を若手の坂東巳之助丈が熱演。
頑張っていらした記憶だけが残っております。
お父様を亡くされて、今後に期待いたします。

次は「義経千本桜」。
ここは座頭の尾上松也さんの大活躍。
狐忠信を元気に演じていらっしゃったと思います。

とにかく浅草歌舞伎は若手の舞台。
これから活躍していって欲しい方々の舞台です。
応援しております。


余談ですが。。。
この日、お年玉で舞台上から役者さんたちが~
自分たちの名前を染め抜いた手拭いを固く縛って客席に投げるということをしてくださいました。
私、偶然に松也さんの手拭いをGet!
松也さんファンの方ごめんなさい。

P1270107.jpg
これですー☆
Secret