脚本:宮沢章夫、山本健介、串田和美
演出&美術:串田和美

さすがに、これをTV番組でリアルタイムで観ていた世代ではない。
なので何の予備知識もなく拝見。

正直に言えば「解らん~」という感想が最初。
後から何故タイトルの最初に漂流劇とあるのか、解っていればもう少し舞台を楽しめたかもしれない。
とにかく場面数が多いのと、話の区切りが多い。
なので前回の場面がどこに続くのか理解できない状態が続いた。
折角の串田さんの舞台だったけど、今思うと「Googl」に教えてもらわないと時代背景が解らなかった舞台でした。
という感想です。

本当におバカですみませんー☆


P2090110.jpg
Secret