上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はひ~っ!
ようやく昨年の四月の舞台感想までやってまいりました(苦笑)。
誰も読まないのは解ってるんですけど、宿題を残した気分でちょっとずつの更新。

さて、昨年のこの舞台のチケットを取った理由を思い返すと~
おそらく、昼の部の「女殺油地獄」が拝見したかったんだろうな~と思っております。

昼の部の演目は「芦屋道満大内鑑」「末広がり」「女殺油地獄」の三本。

まずは、「芦屋道満大内鑑」の葛の葉から。
これは中村七之助丈の二役が素晴らしかったです。
本当は狐なんだけど、愛する人のために・・・っていうお話。
この場面は他の借者さんでも拝見した名場面です。
若々しい七之助さんでも拝見できて、オバチャンは満足♪

次は舞踊の「末広がり」。
これは狂言から題材をとった作品。
まぁまぁよくある話で、太郎冠者がマヌケで面白おかしくお話が進むというもの。
今回は末広がりが「扇」と知らず、売り手に騙されて傘を購入してしまうという筋書き。
踊り手の中村勘九郎さんの技量の見せ所の舞台でした。
もちろん、笑わせていただきましたよー!

そして最後は「女殺油地獄」。
だって、歌舞伎でこの主役の与兵衛のは超二枚目って決まっている演目ですもの!!
それを尾上菊之助丈が演じるっていうんですからー♪
はいはい、オバチャン好みでございましたよ。
しかも、お吉が七之助丈~♪
お美しい組み合わせでございました。
今後、この組み合わせてまた拝見しとうございますー☆

P4260011.jpg
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。