今頃のUPでスミマセン(汗)
少しづつ頑張ります!

さて。昨年三月の国立での歌舞伎は通し狂言「伊勢越道中双六」でした。
二年前にやはり今回と同じで、岡崎と呼ばれる場面をクライマックスにした舞台を踏襲。
吉右衛門さんの唐木政右衛門は何度拝見しても、苦渋の選択を強いられる主人公を見事に伝えてくださる。
仇討ちでは婦女子は何故だか敵討ちの犠牲になるお話が多いのですが、これもそう。
泣いてしまうお話ですー☆

P3240013.jpg
Secret