過日の手習いの日、初めて知った隠語。
「G」日本語発音は、「ジー」です。
今どきは、ゴキ〇リのことを指すと!!
私だけが知らなかった今どきの表現(マジ)。
そこから思ったのは、、、、
私、やっぱババア~~~~~~~☆
原作:柳田 国男
構成、脚本、演出:前川 知大

この舞台を観ようと思った理由。
遠野物語を舞台化したら、どうなるんだろう?
でした。
演出の前川さんの舞台は何度か拝見。
今回の作品は~?。。。

何だろう??
うまく言えないけど、柳田国男の世界観が「有り」ではなかったでしょうか?
このお話は現実なのか、夢なのか、というハザマの表現とでも申しjましょうか・・・
日本の迷信と言われる部分を描いた作品ですの。
個人的には好みの分野でございました♪

ただただ役者さん達は難しい演技で何役もあったり大変だろうな~と。
観客としては楽しませて頂きましたー☆

PB170035.jpg

2017.03.06 生け花
私には全く疎い分野。
友人は、かな~りの達人@だと思う
その人の師匠が生けたお花の展覧会が某百貨店で開催された。(他の師匠達の作品も多数あり)
彼女が師匠のお手伝いをした、と聞き拝見。

PA310023.jpg

すっげぇ~~~~!!
画像では伝わらないと思いますが~
この作品高さが1メートル以上ありますの!
大作でございます。
この様な美しい作品群を拝見出来た貴重な一日でございましたー☆
劇団スーパー!エキセントリックシアター第54回本公演

通称SETの舞台は、兎に角オバチャンとしては。。。
笑いっぱなしで皴が増えるのが気になる舞台(笑)。

今回は~
開かずに扉の奥にいる「ドクロ様」を信仰する村人達と、移動型ミュージカル劇団をめぐる物語。
毎度の如く笑わせて頂きました。

ただし・・・・
根底にあるメッセージは重たかったです。
やっぱりねー。。
原発って福島のことがあるから、「そこ」を表現したかったのねー、と思いました。

PB020025.jpg

昨年の国立劇場十月公演は、仮名手本忠臣蔵の通し狂言の始まりの月。
本当の通しは、現在は滅多に拝見出来ません。
三か月、国立劇場に通うぞっ!と思って取ったチケットです。

今月は。。。
順番に初段から四段目まで。
いつもは二段目は上演されませんから、しっかりと拝見。
やっぱり、通しっていいですね~♪
筋道が解って、何故あの事柄が起こるのか?!という詳細を教えてくれます。
今月の主役の大星由良之助は、松本幸四郎さん。
重厚で満足でございましたー☆

PA260022.jpg